Google+ で検索

新大阪 カウンセリング 大阪の心理療法 コーチング 返金保証 超短期

コラム/2013-02-15

Top / コラム / 2013-02-15

相手を思いやるのではなく自分を思いやる

◎職場の人間関係で悩んで「このままじゃダメだ!自分のせいだ」と思い込んで
 「自分の性格を変えたいんですけど」と相談に来られる方。

◎親に愛されずに育ち、その事を根に持ってしまってる自分を責めて、
 うつや依存、過食等様々な症状で苦しんで相談に来られる方・・・。

→もうこれ以上、相手を思いやる必要はありませんよ!人のせいにしてもいい
 んですよ!あなたは悪くないから。

世間一般で流布してる「その通り!」と思う言葉や考え方は、全ての人に
当てはまるとは限りません。

◆「他人に優しくしなさい」
もう充分優しくて、逆に自分に厳しくし過ぎて自分を追いつめて苦しいのなら
 ''必要無い考え方''です。

 あなたがもしそうなら、自分に優しくしてあげましょう

◆「相手の”せい”にせず、自分で責任を持ちましょう」
虐待を続けた親、自己中の上司、浮気を続けたり愛情のかけらも無い夫・・。
 それでも相手のせいにしてはダメですか?

あなたがもしそういった理由で自分を責めて苦しいのなら「相手の”せい”
にしましょう

自分が被害者であったり今自分が苦しんでいるのに、自分の事をそっちのけ
にしたり、自分の事を責めたりしながらも尚相手や周囲の事を思いやる人達・・。
とても素晴らしいし、頭が下がります。

でもそれが為にもっと苦しくなるのなら「相手の事を思いやる」のを止めて
「自分の事を思いやる」事が必要です。

要するに、相手が落とし穴を掘ってあなたをはめたんです。
あなたは悪くないのにはめられたんです。

それでも自分のせいですか?自分が悪いのですか?

そうされても自分の事を責めて苦しんだあげくに、うちに来られるお客様が
多いです。

そして僕達カウンセラーやお医者さん達は穴に落とされて苦しんでるあなたを
励ましながら、ロープを投げ込む事しかできません。

そのロープを掴んで這い上がって来るのは、あなたの持ってる力が必要です。

自分を責めていてはロープを登る力が発揮できません。
相手を思いやっている暇もありません。

どうか怒りや憎しみの力を使って「バカヤロー!この野郎!」と言いながら
その怒りや憎しみを力に変えてロープを登って来て下さい。

まず穴から脱出する事が先決です。

そして本来、あなたが持ってる優しさや気遣いは、穴から脱出して
体力が回復してから発揮すればいいんです。

それまでは、穴に落とされた自分を思いやってあげましょう

ただ、あなたが(誰かに洗脳された為に)「自分を思いやるなんてできない」
という思考パターンから抜け出せないのであれば、どうぞご相談に来て下さい。

僕はロープを投げる事と「そこに手を掛けて、次は右足をその窪みに掛けて!」
励ます事しかできませんが・・・。


コメント


認証コード(1065)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional