Google+ で検索

新大阪 カウンセリング 大阪の心理療法 コーチング 返金保証 超短期

コラム/2013-04-03

Top / コラム / 2013-04-03

口角・抗重力筋で抑うつ・不安を無くす僅か5分のストレッチ

不安に襲われたり、抑うつ状態になってる時には、まず間違いなく笑顔が消えて
姿勢も肩が落ちて猫背になってしまってる場合が多いですよね。

口角を上げたり、姿勢をピンと真っ直ぐにする為の筋肉を抗重力筋(重力に逆らって
働く筋肉の意味)と言いますが、この抗重力筋を働かせる事で抑うつや不安に対抗
できる「セロトニン(幸せホルモン)」が分泌される事がわかってきています。

そこで、その簡単なストレッチのやり方を今回はご紹介します。

まず、姿勢を真っ直ぐにし、顎を引き頭のてっぺんが上から紐で吊り下げ
 られてるイメージをして下さい。(首の筋肉や脊柱起立筋、腹筋等の
 ”抗重力筋”が真っ直ぐ伸びた状態

次に、口角を上げます。
 (1)まず、片目ずつ大きくウインクをして同時に眼を閉じた側の口角を
  思い切り上げます。それを交互に繰り返し、段々スピードを上げて行きます。
  これを3分間行います。

 (2)次に、両目を大きく見開いて両方の口角を一気に上げます
  これを2分間繰り返します。

どうでしょうか?抑うつや不安の感じが変化したと思います。

ただ、効果がどれだけ続くかは人によりますので、気が付いた時にはできるだけ
行う事と、職場や学校、外に出てる時などはやりにくいでしょうから、
そういった時には次の様にやって下さい。

<外出先で行う場合>
①(家でやるのと同様に)姿勢をできるだけ真っ直ぐにする

②頭の中で、あなたが大好きな家族・友人や芸能人等の笑顔を思い浮かべる

 他人の笑顔を想像するとミラーニューロンが働いて自分も笑顔になれる
 =口角が自然と上がる

うちのクライアント様に試して頂いて好評ですので、もし良かったら試してみて
下さい。



コメント


認証コード(5853)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional