Google+ で検索

新大阪 カウンセリング 大阪の心理療法 コーチング 返金保証 超短期

コラム/2013-10-01

Top / コラム / 2013-10-01

頑張って不登校引きこもりや家庭内暴力をしている君達へ

不登校引きこもり家庭内暴力等のタイプとしては、発達障害や精神疾患等
が無い場合は、何らかのストレス因に「不登校ウィルス」や「引きこもりウィルス」
「暴力ウィルス」のようなものが取りついて無意識を支配しててしまう
「ウィルスタイプ」と(※比喩です)、

「家族を助ける為に」「親に気付きを与える為に」無意識がその様な選択
をしている「愛に溢れた自己犠牲タイプ」に大きく分けられると思います。
(※あくまで僕の勝手な分類です)

今回は、そのうちの後者である「愛に溢れた自己犠牲タイプ」の人達や
そのご家族に向けて書きたいと思います。

親に自分の気持ちをわかってもらう為に自分の身を犠牲にしてまで、
家に居る事を選んだり、暴れて傷つけたり傷つけられる事を選んでいる君達・・・。

或いは、そうまでしないと親が変わらないから自分の身を犠牲にしてまで必死で
訴えてる君達・・・。

もしかしたら、親の苦しさや生き辛さを気づかせてあげる為、助けてあげる為に
自分の身を犠牲にしてる人もいるかも知れない。

よく頑張って来たね。

そんな事をしてたら、勉強が遅れ、社会に出られない危険性は
親や先生に言われなくても百も承知してるよね。

でも君達は、あえて自分の将来の希望を犠牲にしてまで、親に気付かせてあげる事や
親を助けてあげる事を選んだんだね。

凄いよ。今の若者の中でも「自分さえよければ」と家に帰って来ずに遊び呆けたり
親の事を全く考えない人達もいるだろうに、君達は家に居て親に気付きを与える道
を選んだ・・・。

君達は、家族の為に大変な”仕事”を何年もやって来た。

立派だと思うよ。

現に君達の仲間の多くの子達も、その子達のお蔭で親の離婚の危機を救って
夫婦の絆を取り戻させたり、親が自分自身の問題と向き合えるようになって
親の生き方さえ変える役割を果たしたりしている。

もし良かったら、君達の努力のお蔭で、親がどう変わったか?を一度じっくりと
見てみない?

そして「確かに少しは親は変わったな」と思えるのなら、「よく頑張ったね」と
どうか自分をねぎらってあげて下さい。

そしてもうこれ以上、自分を犠牲にせず「自分の為の人生」を歩む事を
自分に許してあげませんか? 

「お母さん、お父さんは、確かに変わった。僕(私)は大きな仕事をやり遂げた。
でももうこれ以上親の為に犠牲になって頑張る事はやめよう。」と
自分に言い聞かせてあげて!

でも、もし君の親達が何にも変わってないのなら、
そんな辛い自己犠牲的な方法で気づかせてあげる事はやめた方がいいと思うよ。

「どういう方法だったら親は気付くだろう?」と一度考えてみて、
うまくいく方法がみつかるまで、色々試してみるのもいいかも知れない。

ただ、万が一どんな方法をしても親が気付かないのであれば、諦めて親を一旦捨てて
「親に関係なく幸せになってやる!」と腹をくくるのもいいかも知れない。

とにかく君達は、今迄何年も親の為に自分を犠牲にして頑張って来たんだから
もうこれ以上、自分を犠牲にしなくてもいいよ。

「家族を再生する為」「親に気付きを与える為」に大役を果たして来たんだから
もう肩の荷を下ろして自由になってもいいんだよ。



コメント


認証コード(5763)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional