Google+ で検索

新大阪 カウンセリング 大阪の心理療法 コーチング 返金保証 超短期

コラム/2013-10-15

Top / コラム / 2013-10-15

摂食障害に苦しんでいる貴女へ

摂食障害に襲われて、間違って自分を責めてしまってる貴方へ

もう、自分を責めなくてもいいですよ。

所謂「拒食症」の場合は勿論、「過食症」の場合も「食べちゃだめだ!
我慢しなきゃ!」と一人で頑張って来ましたね。

あなたは、ず~っと我慢して来たのではないですか?

親や誰かに「本当はわかってもらいたい気持ちをわかってもらう事を我慢」し、
「本当はして欲しい事をしてもらう事を我慢」し、「本当は言いたかった事を我慢」し・・。

もう、我慢しなくてもいいんですよ。

あなたが産まれた時、もしかしたらおっぱいを沢山飲む丸々とした可愛い赤ちゃん
だったかも知れません。

我慢なんかせずに沢山飲んで、沢山食べて・・・。

それでも、みんなはあなたの事を見て笑顔になり、沢山の愛を与え、
無条件に愛されたのではないでしょうか?

優しい貴女は、いつの頃からか我慢をし始めた・・・。

そうして、世の中の「悪意」に晒されて摂食障害に襲われる様になった。

「世の中の悪意」・・・例えばそれは女性を男性の道具としてみる考え方。

 「綺麗で、スマートで、脚が細く、お尻がキュッと上がって、
   スリーサイズは〇〇くらいが理想だな・・・」

世界で開かれる美女コンテスト、雑誌やメディアで謳われる”理想”の体型・・。
誰にとっての理想なのか?

それらは全て「男性側から見た理想」であって、女性に対する明らかな差別
だと思う。

素直なあなたはそれを信じ、我慢を重ね、摂食障害の餌食になってしまった。

さあ、「もう我慢をしなくてもいいよ」と自分に許可を与え敢然と差別に抵抗し、
摂食障害野郎(汚い言葉でスミマセン)から自分を取り戻す為に立ち上がりませんか?

もし必要な場合は、僕はいつでもあなたのチームに加わらせてもらいますので、
その時はご一報ください。



コメント


認証コード(3700)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional