Google+ で検索

新大阪 カウンセリング 大阪の心理療法 コーチング 返金保証 超短期

コラム/2013-11-05

Top / コラム / 2013-11-05

うつや〇〇障害に襲われた人へ~頑張る方向性を変える

うつ〇〇障害に襲われた人の殆どが僕の経験上、
「自分に厳しく他人に優しい頑張り屋の人」と言えると思います。

一般的には、例えば「うつ」に襲われた人に、周囲の人が
「頑張れ」と言うのは禁句だと言われています。

何故ならうつに襲われた人の多くが、しんどくても無理して頑張って来て、
もうこれ以上頑張れない自分を責めてしまってるのに、それに輪を掛けて
”頑張れ”と言うと更に追い詰めてしまうからです。

では「もう、頑張らなくてもいいよ」と言えばいいのでしょうか?

確かに、その言葉で救われる人もいるでしょう。

ただ、「頑張らなくてもいい」と言われたら「やっぱり私は同情される程ダメに
なったんだ」とか「頑張らないと、もっと恐ろしい事になるのでは?」と、
「頑張る事を止められない」人もいるでしょう。

そういう人には僕は「頑張れ!」と励まします。

但し、うつや〇〇障害から自分を取り戻す方向で頑張れ!と助言します。

先日いらっしゃった「うつ」に襲われた人は、
僕が「では、うつから自分を取り戻す為に、頑張る方向性を変えるとしたら、
何を頑張ったらいいと思いますか?」とご質問した時に「休む事を頑張ります」
とお答えになりました。

僕も「では、全力で頑張って休んで下さい。決して仕事へ行きたいという誘惑に
負けない様に!」と賛同しました。

勿論「どんなに辛くても頑張らなければいけない」という”信念”を変えて行く
お手伝いをする場合もありますが、逆にその”信念”を利用して方向性を変えてゆく
お手伝いをした方が早い場合もあります。

もしあなたが、同じ様に「頑張らなきゃ」という信念の為に苦しんのであれば
「今のしんどさから抜け出す為に頑張るところを変えるとしたら、
何を頑張りますか?」

 それを考えてみるのもいいと思います。



コメント


認証コード(7776)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional