Google+ で検索

新大阪 カウンセリング 大阪の心理療法 コーチング 返金保証 超短期

コラム/2014-08-11

Top / コラム / 2014-08-11

夫(彼)をダメ男にしてしまう(?)妻(彼女)

「うちの夫は家事もしないし、子供の事も構ってくれない。
 本当にダメ男なんだから」

「私の彼は、他人の気持ちがわからないし、約束は守れないし・・・。
 発達障害かも?」

ダメンズな夫や彼氏のせいで困られてる女性もいらっしゃると思います。

ただ中には、あなたの言動や思考が増々夫や彼をダメンズに仕立て上げてる場合
もあると思います。

夫婦でも恋人でも人間関係は常に相互作用ですので、もしもあなたの夫や彼氏が
あなたと一緒に歩む時間が長くなればなるほど「ダメンズ度」が増していってる
様に感じるのであれば、あなたも”共犯”(笑)の可能性もあるかも知れません。

特にあなたがそういう夫や彼の態度に腹が立った後に
「どうせ私は愛されないんだ」「どうせ私は大切にされない」等と感じて
悲しくなる場合は注意が必要です。

例えば、

妻:(夫が気持ちをわかってくれない様に感じて)
 「どうしてあなたはいつも私の事をないがしろにするの?!」

夫:「何を言ってるんだ。どれだけお前の事を思っているのがわからないのか?」

妻:「何よ!一度も大切にされたと感じた事なんてないわ!」

妻:(ムカつく。この人にそんな事を求めてもムダなのかな? どうせ私は愛されないんだ。大切にされないんだ、と涙が出てしまう・・・)

こういった場合は、あなたの心の奥底に
「どうせ私は愛せれない」「どうせ私は大切にされない」
「どうせ私はわかってもらえない」等の”間違った刷り込み”があるのかも
知れません。

でも、愛されたい、大切にされたい、わかってもらいたい。

だからそれを夫や彼に求める気持ちが強すぎて
「何でわかってくれないの?!」と言わば脅迫的に怒りをぶつけてしまう。

そして夫や彼はあなたのそんな”脅迫”に引いてしまい、距離を取ってしまう。

すると、あなたは増々「わかってもらえない」と感じて
増々脅迫的になり、夫や彼氏も増々距離を取る・・・。

そして求めても得られないから、あなたの”間違った刷り込み”が活性化し
「どうせ私なんて・・・」と悲しくなってしまう。

でも、あなたは子供を育ててゆく為に、
或いは今迄の人生を台無しにしたくないから負ける訳にはいかず
「いや、そんな事無い。悪いのは夫(彼氏)。
そうだ彼の方に問題や欠陥があるんだ!」と決めて反撃に出る。

そうなると、「夫(彼氏)は欠陥人間だ」という色眼鏡のフィルターを通して
アラ探しをするから、いくらでもその”証拠”が増えて行く。

そしてめでたく「どうしようもないダメ夫(彼氏)が出来上がる・・・。

とまあ、これはごくごく一部の例ですし、先程述べた様に夫婦や恋人の関係は
相互作用ですので、どちらか一方に”問題”がある訳ではなく、
あくまで妻(彼女)側から見た場合のパターンの一つに過ぎません。

でも、もしあなたに当てはまってる様に感じるのであれば
あなた側ができる事としては、

①まず、夫(彼氏)の欠陥やアラではなく、感謝できる部分や
 よくやってくれてる部分、わかってくれてる証拠等を顕微鏡で探したら、
 どんな発見があるでしょうか?

→それを日々、日記やメモに書き出す事が役に立つでしょう。

②悲しくなった時に出て来る「どうせ私は愛されない」
 「どうせ私は大切にされない」「どうせ私はわかってもらえない」等の
 ”刷り込み”が間違っている証拠を子供時代から遡って書き出してみる
(※少しでも愛されたりわかってもらえた相手や時期、瞬間、等)

※「②」は無意識にある刷り込みですので、それを覆すのが難しい場合は
 お気軽にご連絡下さい。



コメント


認証コード(9743)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional