Google+ で検索

新大阪 カウンセリング 大阪の心理療法 コーチング 返金保証 超短期

コラム/2014-09-11

Top / コラム / 2014-09-11

夫や子供の呼び方一つで家庭内の問題が減る?

夫の呼び方として

「ちょっと~」、「お父さん(パパ)~」、「あなた~」、「〇〇(君・さん)」等色々ありますよね?

一方子供の呼び方としても

「ちょっと(オイ)~」、「お兄ちゃん(チビ)~」、「あんた(お前)~」
「〇〇(君・さん・ちゃん)~」等、色々あると思います。

そして、この「呼び方」一つが夫婦や親子間の”問題”や子供の”問題行動”
に影響するとしたら?・・・。

家族療法の考え方としては、
家族の中で生じてる問題(夫の問題や子供の問題も含めて)は
その人個人が問題ではなく、家族成員間のコミュニケーションの仕方が
問題を維持してしまうパターンになってると考えます。

例えば、

親が「勉強しなさい」と子供を叱る

子供が反抗して勉強しない

増々親が叱る→子は増々反抗して勉強しない・・・。

等という事はどこのご家庭でも起こり得る「パターン」ですよね?

そしてそれを解決する為には、どちらか一方(或いは双方の)の
コミュニケーションのパターンを変える事が有効です。

ここで言うコミュニケーションとは「言語」と
「非言語」(表情や仕草、姿勢、行動等)によるものです。

そして、今回の記事でスポットを当てている「呼び方」も
「言語によるコミュニケーション」の一部です。

以前、日本のブリーフセラピーの長谷川啓三先生やそのグループの方達が
「呼び方」の研究をなさっていて、確か所謂問題行動をする子供の多くは
人称代名詞を使った、ちゃんとした呼び方をされてないという統計を
出されてたと思います(※うろ覚えですみません(笑))

ここからは僕の推論ですが、
呼び方一つでお互いに「裏の意味」をやり取りしてると考えられます。

例えば、怖い顔で「おい!」と言うと、それだけで威圧的になり、
言われた側は「言う事を聞けよ!こっちの意見に従えよ!さもないと、許さない」
等といった意味を汲み取ってしまうかも知れません。

また例えば、子供に「〇〇ちゃん」という呼び方を使うと
「いつまでも子供でいてよ(成長しちゃだめよ)」
「あなたは幼くて無力よ(私はあなたをコントロールできるのよ)」
等といったメッセージを知らず知らずに汲み取ってしまうかも知れません。

或いは「お兄ちゃん」という呼び方をすれば
「お兄ちゃんだからしっかりしなさい(甘えちゃダメよ)」
「お兄ちゃんだから良い子でいなさい(逆らっちゃダメ)」等のメッセージ
を汲み取ってしまうかも知れません。

そして僕は呼び方一つでその相手(夫や子供)のアイデンティティーを
揺るがす事になるかも知れないとも思っています。

例えば、あなたが夫に「オイ」とか「ママ」と呼ばれ続けると
「雅子」というアイデンティティーや妻としてのアイデンティティーが危うくなる
のかも知れません。

勿論、それだけで全てが変わる訳でもないでしょうが、
特にアイデンティティー形成の大事な時期の子供は
呼び方一つでも大きく変わって来るのではないか?と思います。

では、どういう呼び方をすれば”正解”なのか?

僕は「正解はない」と思いますが、ただ一つ言える事は
「今の呼び方で夫婦間や親子間の問題、或いは子供の問題行動が維持されている
のであれば、試しに呼び方を変えてみるのも試す価値があるのでは?と思います。

 ご興味を持たれた方は試してみられて、是非結果をご報告下さい(笑)



コメント


認証コード(7469)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional