Google+ で検索

新大阪 カウンセリング 大阪の心理療法 コーチング 返金保証 超短期

恐怖症(対人恐怖・赤面恐怖・広場恐怖)

ホームへ戻る

恐怖症(高所/閉所/尖端・対人・赤面・広場・疾病)

★以下のコラム記事に関連する情報をお書きしております
◎赤面症やあがり症を克服する様々な方法

主な症状

単一恐怖 (高所・閉所・尖端・動物等)

日常的な危険に対する過度の恐怖であり、その対象に直面すると不安や
不快感を生じ、極端な場合不安発作をきたす事もある。

社会恐怖(対人恐怖・視線恐怖・吃音・書痙・赤面・醜形・自己臭症等)

人前で、話をしたり食事をしたり文字を書いたりするときに他人から注目されて
いると思うと怖くなったり戸惑ったりする。自分でも「意識しすぎだ」と思うが
わざわざ避けたり「我慢したりしなければならないほど気にしてしまう。
或いは自分の表情や赤面、醜さ、臭い等の「欠陥」が周囲の人を不愉快にさせ
嫌悪感を抱かせると考えてしまう。
そしてそれによって職業・社会生活が妨げられているか、または著しい苦痛を
感じている。
※最近よく話題に上がるSAD(社交不安障害)は、この部分です。
⇒詳しくは、SAD(社交不安障害)のページ参照

広場恐怖 (空間恐怖・乗り物・雑踏恐怖等)

パニック発作を経験した人が「発作が起きた時にすぐに助けを求められなかった
り、逃げ出せない「特定の場所や状況」(電車やバス、人ごみ、高速道路、デ
パート等)を避けたり、過去にパニック発作の起きた場所で、もう一度そこへ行
くと発作が起きるのではないかと思いそのような場所に行けなくなり、生活空間
が著しく狭められ、抑うつ状態になる場合も少なくない。

疾病恐怖

あらゆる身体的検査によって異常が認められないにもかかわらず身体的自覚症状
を必要に訴え自分が重い病気になるのでは?という不安により恐怖を感じる。

原因

1.過去の直接的な体験の学習=自分の過去の特定の物や状況下での嫌な思いや
 怖い体験にだぶらせて、同じような物や状況に直面するたびに恐怖を覚える。
2.パニック発作=最初のパニック発作が起きた時と同じような状況下に置かれ
 ると「また起きてしまう」と感じてしまい体が自動的にパニック発作を起こし
 てしまう。その為、その状況に強い恐怖を感じるようになる。
3.代理学習=主に子供の時に親や身近な目上の人が、ある特定の物や状況を
 嫌悪したり恐怖するといった言動を観察する事によって学習する事。
4.情報伝達=人に何度も言われることによって、特定の物や状況に嫌悪や
 恐怖を感じる事を刷り込まれてしまう。
5.その他=性格・気質の要因、遺伝的要因等も考えられる。

※原因はあくまでも「仮説」であったり様々な要因が複雑に絡み合ってるので
 内科・外科的な疾病の様に原因の特定は多くの場合不可能です。当ルームでは
 基本的には「原因究明」ではなく「問題解決」に的を絞って行きます。

治療

薬剤

抗うつ薬(SSRI等)抗不安薬(ベンゾジアゼピン系等)
副作用は比較的少ないが、食欲不振や性欲低下、吐き気、体重増加や便秘、攻撃
性が増す等が出る場合があり、急に服用を中止すると頭痛や吐き気、不眠、強い
不安感等の離脱症状が起きる。

※当ルームでは薬剤は処方致しません

薬剤以外の治療法

心理療法・カウンセリング、自律訓練法等。

★詳しくは、 ◎私のカウンセリングの特長 をご覧ください

★以下のブログ記事に関連する情報をお書きしております
◎リフレーミングの原則②解決志向型のリフレームの方法
◎一瞬で辛い状態から抜け出す方法④社会恐怖(対人・視線・赤面等)や広場恐怖からの解放

◆当ルームは超短期解決のお手伝いをし、その効果を保証しております
「全く効果がなければ全額返金保証致します」指矢印返金保証

来談されたお客様の、面談回数・効果の実感の有無・ご相談内容・性別
・年代等をグラフに集計して公開しております
指矢印お客様の集計グラフ

悩みからの解放

「今の問題や悩みが解消したら、あなたが望むどんな人生を
 歩みたいですか?」

まずはメールかお電話でご質問やご疑問点をご遠慮なくお寄せ下さい

★メールでのお問い合わせ・ご質問指矢印 メールお問い合わせフォーム

★お電話でのお問い合わせ指矢印電話(06)4862-5912
(午前10時~午後8時)※原則的に休業日は平日不定休で、土・日・祝は営業しております

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional