Google+ で検索

新大阪 カウンセリング 大阪の心理療法 コーチング 返金保証 超短期

精神科・心療内科との違い

ホームへ戻る

精神科・心療内科との違い

カウンセリング大阪でお探しの方に。新大阪駅徒歩1分の心理カウンセリング室です
 「私の悩みはどこへ相談したらいいのだろうか?」と、悩まれる方
も多いと思われますが、ここでは「精神科」、「心療内科」、
「カウンセリング/心理療法」の違いを書きましたので、ご参考にして下さい。


次のお休みは6月30日(金)です

※6月のお休みは2日(金),8日(木),14日(水),20日(火),26日(月),30日(金)です

精神科

1.「精神疾患」全般に対応できる。

2.特に、「躁うつ病(双極性障害)、統合失調症、境界例'等にも対応できる。

3.治療は診断がメイン薬剤中心。(※副作用の心配あり)

4.時間的な制約で、じっくり話を聞いてくれない所も多い。

5.保険が適用される。


心療内科

1.ストレスや心因によって身体に症状が出る「心身症」(=過敏性腸症候群、
  胃潰瘍、等)の治療を行う。
※こちらのページをご参照下さい指矢印心身症・自律神経失調症

2.治療は薬剤中心。(※副作用の心配あり)

3. 保険が適用される。

※最近は「精神科」と「心療内科」との境目は余りはっきりしない事が多い


カウンセリング/心理療法

1.日常の悩みや症状(神経症等)・問題お話をじっくり聞きながら解決の
  お手伝いをして行く

2.適用範囲は、お気軽な相談から、深刻な悩み・症状まで。

3.医療行為ではないので、診断や薬剤の使用はできず、保険適用もない。

※つまり「自分の病名が知りたい」とか、「診断書が欲しい」、或いは「薬で治
 したい」という方は、まず精神科や心療内科へ行くべきでしょうし、逆に「診
 断よりも、まず話を聞いてもらって解決したい」とか「できれば薬を使いたく
 ない」と思ってらっしゃる方はまず、カウンセリング/心理療法を受けられたら
 良いと思います。

※但し注意点とすれば精神科・心療内科は”薬での治療”がメインとなり、一度投薬
 し始めると、すぐに辞めれないお薬が殆どですので、時間とお金をたっぷりかけ
 て治して行く事になります。

 一方、私どものような短期解決型のカウンセリング薬を使わず短期間での解決
 目指します。(勿論、幻覚・幻聴が1日中あったり、抑うつ状態がひどい等、カウ
 ンセリングを受ける事ができない状態の方は、まず投薬治療をされた方が良いと
 思います)

 心理学の原則で「うまくいかないのなら違う事をせよ」というのがありますが、
 談機関に行かずに良くならないのであれば、医者でもカウンセリングでもまず行か
 れた方が良いでしょうし、医者に通っていて良くならないのであれば、医者を変え
 か、カウンセリングを受けてみるのも一つの手段です。
 
 逆にカウンセリングで良くならないのであればカウンセラーを変えるか、医者に
 行かれた方が良いと思います。

(※当ルームでは、お客様がお求めになった場合は、精神科へのご紹介も致します)

★※以下のブログ記事に関連する情報をお書きしております

◎病院?カウンセリング?どこに行けばいいの?

★以下のコラム記事に関連する情報をお書きしております
◎カウンセリング・心理療法・薬物療法の違い

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional