Google+ で検索

新大阪 カウンセリング 大阪の心理療法 コーチング 返金保証 超短期

calendar コラム/2012.07

Top / コラム / 2012.07

<< 2012.7 >>
[コラム]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2012/7/18 (水)

大人の発達障害(ADHD・アスペルガー症候群等)

最近、「自分が発達障害かも知れない」という成人の方のお問い合わせ
ポツポツとあります。

近年「発達障害」という言葉が認知され始め、それについての情報も増えて来て
います。

それに伴って「場の空気が読めなくて皆から煙たがられている」とか、「自分の
気持ちがわかってもらえない、と彼女(彼氏)や妻(夫)から責められて困っている
」等、主に対人関係で苦労なさって”生き辛さ”を感じられてる方が増えてきてい
る、というよりも「診断を仰ごう」とする方が増えて来ているという感じがしま
す。

勿論、私は医師ではないので、診断して病名を付ける事はできませんが「少しで
も楽になるお手伝いならできるかも知れませんが・・・」とお答えしています。

発達障害は(真の原因は明らかではありませんが、少なくともどなたかが仰って
たような”親の愛情不足が原因”という説は賛成しかねます)脳の器質的な問題が
原因では?と言われており、病名が明らかになっても”治る”といった種類のもの
ではないと思います。

私は、発達障害も一つの「個性」だと考えています。

例えば、「相手の言葉の裏を読まず、額面通りに受け取る”個性”」は、ある人に
とっては「あの人は正直だ、ピュアだ」と好意を持たれるかも知れませんし、逆
に「相手の言葉の裏を読み過ぎていつも不安になる”個性”」を持った人から見る
と、羨ましくも感じるかも知れません。

もし、それを”個性”だと考えると、その個性を完璧に無くす薬ができたら、どう
なるでしょう?

私は個性・性格には自分にとって「都合が良い面」「都合が悪い面」の両面
が必ずあると思ってますので「都合の良い面」まで無くしてしまったら大変な
事になると思います。

でも、実際に「生き辛さ」を感じておられるご本人やご家族にとっては、当然
「治したい、なんとかしたい」と思われています。

もし、私がそのお手伝いをするご縁ができれば、具体的な「お辛い場面」に
的を絞り、その方の考え方が「楽になる」ような方向に変えて行き、その場面
辛くならないような言動が少しずつできるような訓練のお手伝いをします。

一方、「それも自分の個性なんだ」と受け入れられる事を目標に、その”個性”
の「都合の良い面」に的を絞り、自己否定への傾きを自己肯定へ傾くように
リードして差し上げたいと思っています。



パーマリンク

2012/7/17 (火)

自分を癒す方法③(就活・転職・天職、婚活・恋愛の悩み解消法)

今、現に症状や問題に苦しんでおられる方や、周囲のご家族の方に少しでも
お役立て頂けるように、と思いましてアメーバブログ「自分で自分を癒す
ヒント」を連載しております。
宜しければ下記のリンクをクリックして頂き、ご参考までにご一読下さい。

◎自分が何がしたい?、どうしたいのか?がわからない方へ

◎就活・転職に活かせる、あなたの人生の目的を発見する方法

◎就活・転職に活かせるあなたの目標が合っているか?わかる方法

◎就活・転職・起業で迷ってる方に~二者択一の一方を決める方法

◎婚活・恋愛の悩みを解消する方法①

◎婚活・恋愛の悩みを解消する方法②~何か違うという違和感



パーマリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional