Google+ で検索

新大阪 カウンセリング 大阪の心理療法 コーチング 返金保証 超短期

コラム/2014-12-23

Top / コラム / 2014-12-23

無条件の愛~子への愛と親への愛

「お母さんは私の気持ちをわかってくれなかった・・・」

「お母さんからの愛情を感じた事なんてない」

「お母さんは私の事を見てくれなかった。私を認めてくれなかった・・・」

大人になってからも、そういった親への「未完了の想い」が満たされず、
苦しんでおられる人もいらっしゃいます。

支配的な親、虐待的な親、ネグレクトっぽい親、気持ちをわかろうとしない親・・・。

或いは「あんたのせいでお母さんは不幸なのよ」という雰囲気を醸し出したり、
「あんたさえ生まれて来なければ・・・」といった酷い言葉を直接浴びせられて
傷つけられた人もいるかも知れない。

そんな親のせいで
「私は無条件の愛をもらえなかった」

「私には愛される価値なんてなかったんだ」
という勘違いが刷り込まれて、生き辛さを抱えてしまう・・・。

もし、あなたがそんな生き辛さを抱えているのなら
「本当に親は無条件の愛を私に示した事がなかったのか?」を
考えてみるのもいいかも知れない。

勿論、親は酷い言葉や態度であなたを傷つけたのは事実だと思う。

もしかしたら親も自分自身がACで未完了の想いを抱えていたり、
夫婦の問題や父母、義父母との関係経済面の不安等、様々な葛藤を抱えていて
「一杯一杯」だったのかも知れない。

でも、親の本当の愛情は言葉ではなく、行動に現れる事が多い。

例えば、あなたが病気になった時に、心配してくれたり
医者に連れて行ってくれたりしなかっただろうか?

もし心配してくれてたとしたら、それは何を意味するのだろうか?

あなたが本当に「要らない存在」なら、
病気や怪我をしても無関心だったとしてもおかしくない。

また例えば、親はご飯を食べさせてくれなかっただろうか?

もしあなたが「生まれて来なければよかった存在」なら、
わざわざお金と時間を掛けて食事を作る必要があったのだろうか?

或いは、あなたが突然行方不明になったとしたら親は探さなかっただろうか?

もし仮にそういった、親のあなたへの「無条件の愛」の”証拠”が集まったら、
「親の言う事を聞いた時にだけ愛されて、言う事を聞かない私は愛されない」
等といった「条件付きの愛」の裏に隠れているものに気が付く事ができるかも
知れない。

次に今度はあなたの番だ。
もしかしたら「私の思った通りの愛情をくれないお母さんなんて大嫌い」
と、あなた自身も親に対して「条件付きの愛」を与えていたのかも知れない。

でも、その裏には親への「無条件の愛」は隠れていなかっただろうか?

例えば、

あれだけ憎いお母さん、あれだけ怖いお父さんがいない時間、
あなたは寂しさを感じた事はなかっただろうか?

或いは、もし突然親が行方不明になったら、
子供のあなたは「せいせいした」と思っただろうか?

もし、あなたが親への無条件の愛を感じていなかったら、
「親がいなくなってせいせいした」と思うだろう。

でも、そうじゃないとしたら・・・。

それは、「あんな親でも居てくれるだけで良かった。居てくれなきゃ困る」
といった親への”無条件”の愛を持っていたからかも知れない。

もしあなたが「親からあなたに向けられた”無条件の愛”」に気付いて
「あなたから親に向けた”無条件の愛”」に気が付く事ができたのなら、

「私はお母さんから無条件で愛されてました。
 私もお母さんを無条件で愛してました。
 私はお母さんを許しました。
 お母さんも私を許しました。 有難う」
と、親を思い浮かべて呟いてみるのもいいかも知れない。

 でも、心の傷が大き過ぎたり、無条件の愛がみつからなかったり、
みつかっても「未完了の想い」が強くて許せない、等の場合は
お気軽にご相談下さい。



コメント


認証コード(6505)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional