Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2020-07

Top / コラム / 2020-07

2020/7/6 (月)

人に嫌われるのが怖いあなたへ④

<前回からの続き>

今回は

「自分の中の子供の部分を親目線、大人目線で客観視する」
方法をお書きしたいと思います。

これはどういう事かと言いますと、

「きっと嫌われたんだ・・・苦しいよ、辛いよ」
という考えに囚われている状態というのは、

優しく寄り添ってくれる「親」も居ず

冷静に分析し、励ましてくれる「大人」も居ず

ただただ、「寂しいよ、辛いよ、苦しいよ・・・」
と泣き叫んでいる「子供」しかそこには居ない

と言えると思います。

つまり、

あなたの中の「子供」の部分があなたの主観の全てになっていて、
現状を打開できず、翻弄され続けている訳です。

もしそうであるならば、

行き詰ってしまってる、あなたの中の「子供」の部分を、
客観視することができれば、突破口が見えて来ると思います。




以下、

具体的なそのやり方をお書きしたいと思います。

<あなたの中の「子供」を客観視する方法>


①嫌われた!と思い込んで泣いてる「子供」や
 嫌われるのが怖くて不安で震えている「子供」
 の「理想の親」になったと想像します。

②あなたが、その「子供」の「理想の親」だったら、
 なんて言ってあげたいでしょうか?


→例:「嫌われたと思って辛かったね」

   「嫌われるんじゃないかと思うと怖かったね」

   等々。

②自分の胸の辺りに泣いたり怖がってる「子供」がいるとイメージし、

 優しく撫でてあげながら、
 その言葉を実際に口に出して言ってあげましょう。

③そしてニコッと笑って、
 その子が安心する様な言葉がけをしてあげましょう。


→例:「あなたが誰から嫌われようが、
    私(ママ)はあなたの事が大好きだよ・・・」

   「私(ママ)はいつでもあなたの味方だから大丈夫だよ・・・」

   等々。

④次に、
 客観的な分析ができ、冷静で頼りになる「大人」になったとイメージして、
 その「子供」を客観視してゆきます。

⑤そして「子供」ならではの極端な考え方や「決めつけ」、「思い込み」等を、
 「子供」でも腑に落ちて理解できるように柔軟にしてゆきます。

→ 例えば、

 先輩の表情や声から、「嫌われたに違いない」という「子供」に対して、

「君が嫌われたというの本当だろうか?」

「先輩の様子がいつもと違ってたとしたら、
 君を嫌ったから以外にどんな理由が考えられる?」

 と「子供」に質問し、考えさせます。

(もし「子供」が答えに窮したら、代わりに

 「体調が悪かったのかも知れないね」

 「家で嫌な事があったのかも知れない」

 「仕事に追われてイライラしてたのかも知れない」

 等と、論理的な答えを探してあげましょう)

⑥さらに、

 「先輩の様子がいつもと違ってたら、
  ”嫌われたに違いない”と思い込んじゃうから、

  そんな時には今言った他の可能性も紙に書いておいて
  それを見るようにしてみたら?」

 等と現実場面での対応も教えてあげましょう。




そうして自分を客観視できるようになれば、
具体的な行動を起こしてゆきませんか?


次回はその事についてお書きしたいと思います


 
<次回へ続く>



パーマリンク

2020/7/3 (金)

人に嫌われるのが怖いあなたへ③

<前回からの続き>

今回からは、

「嫌われるのが怖くて苦しい」状態から抜け出す為の具体的なヒント
をお書きしたいと思います。

私はここで大切な事としては、自分を客観視する事だと思います。

そしてこの「客観視」の方法は大きく分けて2つあると思います。

1つは
他人(第三者)の目線で自分を客観視する」

ということで、


2つ目は
自分の中の子供の部分親目線、大人目線で客観視する」
というものです。

今回は
2つの「客観視」の方法のうち、

「他人(第三者)の目線で自分を客観視する」
というやり方をお書きしたいと思います。


以下、
具体的なそのやり方をお書きしたいと思います。




<「他人(第三者)の目線で自分を客観視する方法>

①あなたと全く同じ性格・傾向を持ち、
 全く同じ職場・人間関係で同じ状況で苦しんでいる親友がいる
 と想像します。

②但し、その親友は思い込みが激しく否、信念が強く、
 根拠の無い慰めや推論が通用しない人だとします。

③そんな親友から

「今朝挨拶したら、いつも笑顔で挨拶を返してくれる先輩のSさんが
 仏頂面でしかも低い声で”お早う”と言った・・・。

 昨日先輩に失礼な言い方をしちゃったからかな?
 きっと嫌われたんだ・・・どうしよう?」

というLINEが来たと想像します。

④親友であるあなたはどう返信するでしょうか?

「きっと気のせいよ。
  S先輩はあなたの事嫌ってなんかいないと思うわ・・・」

→これでは、
 何の根拠もない慰めになってしまい、親友は納得しないと思います。

⑥そこであなたは、
 親友が納得する様な根拠や証拠を集めて返信する必要が出てきます。

⑦例えば、

 「S先輩は最近彼氏とうまくいってないって言ってたわ。
  もしかしたら夕べまたけんかしてイライラしてたのかも知れないわ。

  それにS先輩は大事な仕事は他の人ではなくて、
  いつもあなたに頼んでるよね。

  きっとあなたの事を誰よりも頼りにしてるんだと思うわ。

  そんなあなたを嫌っても、S先輩にはメリットが無いと思うけどな・・・」

 等々。

⑧この様に、

 親友が納得する様な根拠・証拠を挙げながら、
 返信の文章をLINEに打ち込みましょう。

(スマホが無い方は、手紙での返信として紙に書き出しましょう)

⑨その書き出した文章を、
 あなたの悩みへの親友からの返信として、何度も読んでみましょう。




次回は
「自分の中の子供の部分を親目線、大人目線で客観視する」方法
 をお書きしたいと思います。


<次回へ続く>



パーマリンク

2020/7/1 (水)

人に嫌われるのが怖いあなたへ②

<前回からの続き>

前回、

「嫌われる恐怖」が拭えないあなたは、

「人一倍鋭い感受性(以前お書きした高性能センサー)」


「類まれな共感力」


「並外れた集中力」

を持っておられるのかも知れません、とお書きしました。

どういう事かというと、

「人一倍鋭い感受性」を持っておられると、

相手のちょっとした表情や声のトーン、態度等の「いつもと違う部分」を
読み取る能力が人の何倍もすぐれている筈です。


そして、

過去に嫌われた経験があれば(誰もがそういった経験があると思いますが)
「鋭い感受性」によって、人一倍傷つきます。


そして、

その心の傷が深ければ深いほど、
「もう二度と傷つきたくない」と思うのも当然です。


だから、

「鋭い感受性」によって、相手が自分を嫌ってないか?を敏感に読み取って、

「きっと私を嫌ってるに違いない」
等と相手の気持ちを読み解いたり、

或いは、

「私がこの人の事を嫌ったら、きっとこの人は傷つくに違いない。
だから、この人の事を好きでいなくちゃ!」

等と、

「類まれな共感力」を用いたり、

「並外れた集中力」で、「嫌われていないか?」という事に集中し続け、

「あの人達は私の悪口を言ってるに違いない」等と、
「豊富なイマジネーション」が妄想レベルにまで発展してしまう・・・。


これらは、

自身の「特性」を総動員して、
もう二度と傷つけられない様に防御してるとも言えると思います。


もしあなたがこれらの「特性」を持ってると感じられるのであれば、
それらは「持って生まれたもの」の可能性が大きいです。

だとすれば、

「私はなんて弱いんだ・・・情けない」等と、
どうかご自分を責めないで頂きたいと思います。




以前もお書きしましたが、

持って生まれたもの(=「変えられないもの」)は否定せず、
変えようとしない事が大切だと思います。

とは言え、

「嫌われるのが怖くて苦しい」という現実は残ってしまいます。




次回からは、その苦しみから抜け出す為のヒント
をお書きしてゆきたいと思います。

<次回へ続く>



パーマリンク

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional