Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2013-06-06

Top / コラム / 2013-06-06

他人にイライラする気持ちは嫉妬かも知れません

◆「責任感のない職場の人にムカついてしまう」
◆「マナーの悪い人をみたらイライラしてしまう」

誰にでも自分の信念やルールに反する事を見聞きした時には、イラっと来る事が
あると思います。

ただその「イライラ」度を超えていたり、いつまでも消えなかったり、
イラっと来てる自分を責める気持ちが出てくる様なら、しんどいですよね。

もしかしたら、そういう「イライラ」は、相手に対する嫉妬なのかもしれません。

例えば「責任感を持たなきゃいけない」とか「マナーを守らなければいけない」
といった信念を強く持ってる人が、一方ではその信念に従い続ける事に苦痛
を感じ始めたとします。

そういった時に、責任感の無い人やマナーが悪い人に出会えば「こいつらは何なんだ!
私は自分のルールを守る為に無理に頑張っているのに。自由にしやがって、
腹が立つ! 羨ましい!」と感じるでしょう。

あなたが、もしそうならご自分の信念を少し緩めてあげる時かも知れません。

では、どうやったら「自分の信念」を緩める事ができるのか?

<自分を圧迫してる信念の緩め方>

例えば、「責任感を持たなきゃいけない」という信念が自分を圧迫してると
 感じた方の例で言いますと、

①今迄に責任感を強く感じてしんどくなった場面を順に思い出す

②それは果たして自分が全責任を背負う必要があったのか?を一つずつ考えていく

③それらを考えた後に、今後絶対に責任感を持たないと行けない場面は
 どういった場面か?を考える

④併せて、今後そこまで責任感を感じなくていい場面はどういった場面か?
 を考える

⑤「(どんな場面でも)責任感を持たなきゃいけない」という信念を
 「時には責任感を持たなくてもいい」とか「そこまで責任を感じる必要はない」
 とか「時には、”ま、いっか”と呟いてもいい」という言葉に変えて、
 それを繰り返し唱えたり、「責任感を持たなきゃ」と思った場面で
 「あっ、そうじゃなくて・・。」と新しい信念を呟いて上書きしてゆく

そうすれば、”嫉妬”から解放され、相手や自分を責める事がなくなるかも
知れません。



コメント


認証コード(5819)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional