Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム

ホームへ戻る

コラム


<< 2022.8 >>
[コラム]
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      



過去のコラム記事一覧はこちら過去のコラム記事一覧

2022/8/10 (水)

何故夫(妻)は不倫・浮気をするのか?(1)

<前回からの続き>

それでは何故夫(妻)は不倫・浮気をするのでしょうか?


今回と次回でその原因・理由を私なりに考察したいと思います。
(※勿論全ての不倫・浮気をする人に当てはまる訳ではないと思いますが)




<夫(妻)が不倫・浮気をする原因・理由(1)>

①”快・不快”の刺激に対して敏感である


恐らく不倫・浮気に走る人は元来、通常以上に快・不快の刺激に対して
敏感であると想像されます。(器質的・先天的)

それ故、ストレスや不安等の不快な刺激に対して耐性が非常に低い
と考えられます。




②不快刺激への回避行動が、快を求める方向へ向かう


上の「①」の事由により、ストレスや不安等の不快刺激に晒された場合に
容易に回避行動を採ると考えられます。

そして、この(防衛反応による)回避行動は主に2種類あると思われます。

即ち、

(1)安心・安全を求める方向で不快刺激を避ける


これはセロトニンやGABA希求型とも言え、
人と会わずに引きこもる寝続ける独り趣味や妄想の世界へ入り込む、
抑うつ状態になる、強迫性障害的になる、特定の人や物質、ネット等に
依存する等の戦略が採られる事が考えられます。


(2)快刺激を求める事で不快刺激を避ける


これはドーパミン・アドレナリン希求型とも言え、
友人達と飲みに行って騒ぐ、ギャンブルやワクワクする趣味に興じる、
買い物やグルメに執着する等、物質や人への依存という形になる場合
もあるでしょう。

そして特に不倫・浮気に走る人は、

「(2)」のドーパミン・アドレナリン希求型で、もっと細かく言えば
その中でも(独りで満たされるタイプではなく)対人関係において
快刺激を満たすタイプであると言えると思います。

(これは先天的な器質因なのか、後天的な環境因なのかは不明です)




③今のままでの(夫や妻との)関係性の中では、
 求める快刺激を十分には得られないと感じている


二人でいると年数と共に刺激のパターンが固定化されて、
所謂”飽きて”しまう事も考えられますし、
結婚によって”生活”がのしかかって来たり、子供が産まれると尚の事、
刺激を得る時間・内容の制約が生じるでしょう。

そしてこの事が”欲求不満”へと繋がると考えられます。

ここまでお書きして、私の推測が当たっているのであれば、
不倫・浮気をする夫(妻)に対して

「私がもっと優しくしよう」
とか
「もっと健気な妻に(夫)にならなきゃ!」
とか
「家庭が夫(妻)にとって居心地の良い空間になる様にしなきゃ!」
とか
「私も束縛し過ぎてるから、もっと距離を置いて自由にしてあげなきゃ!」
等といった妻(夫)側の努力は功を奏しにくいのでは?と思います。

何故なら浮気・不倫をする夫(妻)は「安心・安全・居心地の良さ」
を求めているのではなく、
「ワクワク・ドキドキ・楽しい」といった快の刺激を求めている
と考えるからです。

次回はこの続きである
<夫(妻)が不倫・浮気をする原因・理由(2)>
をお書きしたいと思います。

<次回へ続く>



パーマリンク

2022/8/8 (月)

夫婦間の悩み~④不倫・浮気

「夫とは1年間同棲して3年前に結婚した。

  夫は私と違って社交的でとても優しくて、
  マイホームの購入の段取りや旅行の計画等もきちんと立ててくれたり、
  私を引っ張ってくれて、頼りになる存在だと思っていた。
  そんな夫を私は信じていた・・・


  ところが丁度1年前、夫が風呂に入っている時、
  テーブルの上の夫のスマホにメールの受信が入った事に気づいた。

  いつもなら”譬え夫婦でもお互いのプライバシーに踏み込まない様に”と、
  夫のスマホを見る事は無いけれど、何故かその時には変な胸騒ぎがして
  若干ためらいながらも、そのメールを見てしまった。

  差出人は?・・・ゆりにゃん。”ゆりにゃんって誰?!”
  私は震える指でスクロールしてメールの中身を読んだ。

  そしてそこにはただの友達関係ではありえない様な
  ”男女”の関係性が見てとれた。

  心臓がバクバクし、意識が遠のいていきそうな感じがした時、
  夫が風呂から上がってきた。

  ただならぬ私の様子を見た夫は慌てて私に近づいてきた。
  私は、夫を手で払いのけて泣き崩れた・・・」


 「夫は素直に浮気を認めて何度も謝り、”もう二度としない!”
  と言ってくれたが、私の心の傷は癒える事はなかった。

  ”この人だけは違う”と信じていた人に裏切られ、
  夫に笑顔を見せる事も無くなった・・・。

  それどころか、夫のメールやLINEを毎日チェックしたり
  GPSを付けて監視し、少しでも怪しい事があれば、
  泣きながら夫にキレる様になった。


  一緒に買い物へ出た時も、すれ違った若い娘を”チラッ”と見た夫に
  ”今、あの娘の事可愛いなって見たでしょ?!”とキレてしまった。


  いつしか夫からも笑顔が消え、楽しい会話もなくなり、
  お互いを避ける様になった。

  もう自分の感情が抑えられない。
  ネットで調べたら”オセロ症候群”かも・・・。」

    
夫(妻)の浮気・不倫等の不貞行為によって、とても傷つき
何年経っても心の傷が癒えず、許せず、夫婦関係が崩壊の危機
に陥っているご夫婦もいらっしゃると思います。

或いは、
何度注意しようが、キレようが、「今度やったら離婚する」等と脅そうが
浮気をやめない夫(妻)にホトホト困っておられる方もいらっしゃるでしょう。


今回からは、そういったご夫婦に向けて

(1)何故浮気(不貞行為)をするのか?

(2)どうすれば浮気(不貞行為)をやめられるのか?

(3)何故浮気(不貞行為)した相手をずっと許す事ができないのか?

(4)どうすれば浮気(不貞行為)した相手を許せるのか?

という順番で私見を述べてゆきたいと思います。

<次回へ続く>



パーマリンク

2022/8/5 (金)

DV・モラハラ・支配をする夫(妻)からの解放

<前回からの続き>

今回は夫(妻)のDV・モラハラ・支配に苦しむ人に向けて
そこから脱出するヒントをお書きしたいと思います。




<DV・モラハラ・支配をする夫(妻)からの解放の為のヒント>

①自分を否定しない


 こういったケースで苦しまれている方の中には、周囲の人から
「あなたにも悪い所があるんじゃない?」
 とか
「どうしてそんな相手と結婚したのよ?!」
等と否定的な意見を受ける事もあるでしょう。

でも、単なる夫婦喧嘩なら「喧嘩両成敗」かも知れませんが、
DVやモラハラはどんな事情があろうともやってはいけない犯罪です。

更に、前回述べた様な理由で、DV・モラハラ・支配をする人
他人の前では「良い人」を演じる事ができますので、
付き合いが長かったとしても結婚するまでは見破る事は難しいと思います。

ですから、誰が何と言おうが、あなたは悪くありませんので、
無責任な意見に振り回される事が無いように自己否定せず、
自己擁護しましょう。




②自分の防衛反応のパターンを変える


前回お書きした様に、DV・モラハラ・支配する人の防衛反応のパターンは
「戦いに勝って支配する」に固定化されていると考えられます。

一方、あなたの”脅威”に対する防衛反応のパターンは
(戦ったり逃げたりをした結果、それが通用せず諦めるしか無かったとしても)
「相手に従順になる」に固定されている筈です。

そしてこの「固定されたパターン」によって
相手の攻撃や支配は益々エスカレートしてくるでしょう。

かと言って、相手のパターンを変えるのは至難の業ですので、
ご自分のパターンを「戦う」か「逃げる」の方向へ変えてゆく必要
があると思います。




③(我が子ではなく)自分の身の安全・安心を一番に考える


ただ、「戦う」にしろ「逃げる」にしろ、いずれの手段を採るにしても
”危険”が伴いますので、先ず自分の身の安全を最優先すべきだと思います。

例えば、
銃を持った立てこもり犯に人質に取られた我が子を助けようとする時に
応援も要請せずに空身で助けに行っても、
自分も我が子もどちらもやられてしまうでしょう。

当然、応援を呼んだり、防弾チョッキや武器を持って、
自分の安全を確保してから助けに行く筈です。

以下に、
自分の身の安全を確保する為の準備の例をお書きしたいと思います。

(1)逃げる為の準備


・力になってくれる味方を作っておく

→親・兄弟、義父母、DV相談窓口、弁護士、警察、母子生活支援施設等
 に相談しておく


・逃げ込む場所を決めておく

→実家、母子シェルター、アパート等

(2)戦う為の準備


・力になってくれる味方を作っておく

→親・兄弟、義父母、弁護士、相手の職場の上司、警察、DV相談窓口等
 に相談しておく


・相手の暴言・暴力をできれば録音・録画するか、
 日付を入れてその内容をメモにする、
 怪我をさせられたら、医者へ行って診断書を出してもらう

※相手によっては、戦う事で形勢逆転できる場合もありますが、
 より逆上する様でしたら、いち早く逃げた方が良いでしょう。

※それでも、どれも難しい場合はいち早くご相談下さい。



パーマリンク

2022/8/3 (水)

何故夫(妻)はDV・モラハラ・支配をするのか?

<前回からの続き>

今回は、
「何故夫(妻)はDV・モラハラ・支配をするのか?」
の私なりの答えをお書きしたいと思います。




<DV・モラハラ・支配をする人の性格特性(推測)

①快・不快といった刺激に対する感受性が非常に強い
 (恐らく持って生まれたもの)


それ故、その人にとっての”不快”はどんな手段を使ってでも避けるべき
 ”脅威”になっている




②「快を求め、不快を避ける」事が何よりも優先する事になっている


例えばお金や物は、自由に使ったり買ったりできて自分に快をもたらす
 ものなので、この特性を持っているとそこに執着する人も多いでしょう。
 (物質依存的)
 
 一方、このタイプの人にとっての最大の”不快”は、
 「自分の思う様に行かない」事であると想像できます。

 だとすれば、
「何でも自分の思い通りにしよう!」といった意識が強くなり
 それに拘る筈です。

 ただ、
 自然現象やハプニングは、どんなにあがいてもコントロールできないので、
「ちくしょう!ゴルフなのに台風が来やがった!」とイライラする位で済む
 でしょう。




③不快を避ける為に、相手を自分の思い通りに支配する


お金や物ならば自分の思い通りにする事が可能ですが、
 ”他人”は思い通りにならないものです。

 ただ、他人の反応や言動を自分の思い通りにする事は
 自然現象ほどは不可能ではないですので、そこに拘る訳です。




④不快に対する防衛反応が「戦いに勝利して支配する」パターン
 になっている


不快刺激に対する感受性が異常に強い人にとっては、
 相手が自分の思い通りに動かないとか反応しない、というのは
 ”脅威”レベルの不快と言えると思います。

 ですから、
 何としてでも相手の反応や言動を自分に不快をもたらさない様に
 コントロールする必要が出て来ます。

 そしてこの”脅威に対する防衛反応”としては主に
 「相手に従順になる」、「戦いに勝って支配する」、「逃げる」
 の3つがあります。

 特に職場や学校、家庭等の逃げ場の無い閉鎖的な空間では、
 「逃げる」事はままならないでしょうから、
 必然「従順になる」「戦って勝つ」かになるでしょう。

 例えば、
 モラハラ・DVする夫(妻)は職場や近所の人には「優しくて良い人」
 と思われてる事も多いですが、

 それは「相手に従順になる」という防衛反応を駆使して、
「こう思われたい!見られたい!」といった、
 自分が相手に望む自分像を植え付けているとも言えるでしょう。

 ですから、
 付き合い始めの時にはそんな性癖のある人だと気が付くのは難しい
 でしょう。
 
 ところが「家庭」という閉ざされた空間で、
「この相手(妻または夫)は自分の思い通りに支配する事ができる」
 と感じたならば、
 途端に防衛反応のパターンも「従順になる」から「戦って勝つ」に変化
 するでしょう。

 何故なら、
「従順になる」という方法は、主に”不快”を避ける為の手段であって、
 自分が望む”快”が今すぐ手に入る訳ではないからです。

 そこで、
 相手(妻または夫)に怒りをぶつけて脅し”勝利”し、
 自分の思い通りに支配しようとする訳です。

 そしてそれが”成功”すれば(家の中では)不快はほぼ完全に無くなり、
 勝利・支配、といった非常に強い”快の刺激”も同時に得られる訳です。

 だから、この”美酒”を味わった人は中々それをやめる事ができず、
 逆にエスカレートしてゆく事も多いでしょう。




では、そうとは知らずにそんなDV・モラハラ・支配をする夫(妻)と
一緒になってしまった人はどうすれば良いのでしょうか?

そのヒントを次回お書きしたいと思います。



<次回へ続く>



パーマリンク

2022/8/1 (月)

夫婦間の悩み~③DV・モラハラ・支配

妻:(さっき夫が渡してくれた生活費が今月も少ない・・・
   自分は好きな物を買ったり、飲みに行ったりしてるのに・・・。
   それを指摘したら、夫は多分キレるだろうけど、このままじゃあ
   息子の習い事の月謝も払えないから、思い切って言わなくちゃ!)

  「リョウ君(注:夫)、今月の生活費の事なんだけど・・・」


  
夫:「はぁ~?!!何か文句でもあるのか?!!
   俺はお前らの為に下げたくもない頭を上司や客に下げて
   必死で頑張ってるって言うのに!!」

妻:「そ、そうよね・・・でもこれじゃあ
   健太(注:息子)のスイミング代や塾代も払えない・・・」

夫:「この野郎!!いい気になるなよ!!足りなきゃ
   お前のパートを増やせよ!キショいんだよ!この寄生虫が!」

妻:(ここで折れたらいつもみたくどんどん生活費の額を
  下げられてしまう・・・健太の為にも勇気を出さなきゃ!)

  「リョウ君、リョウ君は結構自由にお金使ってるみたいだけど、
   これでは足りないの。できれば給与明細を見せてくれない?」

夫:「何だと?!このアマ!調子に乗るんじゃねえぞ、クソが!
   誰のお陰で生活できてるのかわかってんのか?!
   文句あんなら、自分一人で稼いでみろよ!!」

妻:(ここは、今度こそ夫に屈しちゃダメ・・・と決意し無言で夫を睨む)

夫:「なんだその目は?!誰が一番偉いのか思い知らせてやる!!」

  (と言いながら、妻の髪の毛を掴み引きずり倒し、
  妻のお腹に蹴りを入れる夫)




うちのルームにも夫(”妻”の場合もあります)のモラハラやDV
お困りになってお越しになる方も多いです。


では一体、何故夫(妻)はあなたに執拗なDV・モラハラを行って
支配し続けるのでしょうか?

次回はその原因を、
次々回ではその対策を私の考えを基にお書きしてゆきたいと思います。

<次回へ続く>



パーマリンク

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional