Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム

ホームへ戻る

コラム


<< 2022.5 >>
[コラム]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



過去のコラム記事一覧はこちら過去のコラム記事一覧

2022/5/18 (水)

何故5月病になるのか?

<前回からの続き>

今回は「五月病」に襲われてしまう原因を私なりの考えに基づいて
お書きしたいと思います。




<五月病になる原因>

①(持って生まれて)刺激(特に不快刺激)に敏感


環境の変化は、「人間関係やその場のルール、仕事・勉強等
 一からその場所・環境に適応しないといけない」訳ですから、
 誰にとっても強い”刺激”が加わる筈です。

 そんな中でも特に不快刺激に対して敏感な人
 「人とうまくやっていけるのだろうか?」
 とか
 「この場所で居場所を作れるのだろうか?」
 とか
 「自分はここで仕事や勉強で結果を残せるのだろうか?」
 等の不安も人一倍強く感じるだろうと思われます。

 ※刺激に対してそこまで敏感ではない人でも、
  その人の許容量を上回る様な不快刺激に遭遇した場合も同様です

 そんな中でも初めの頃は、その不安・恐怖といった不快刺激に対して、
 防衛反応によって「頑張るしかない」とアドレナリンを分泌し、
 その不安・恐怖と”戦って”その”戦い”をコルチゾールが維持してくれて
 何とか最初の1か月?を乗り切る訳です。

 ところがこのコルチゾール”ストレスホルモン”とも言われ、
 長期間に渡って分泌されると心身にダメージをきたしてきます。

 ※譬えて言うと、苦痛に打ち勝ちながらマラソンを走っている人
  の状態です

②その後に長期休暇がある事


→そんなストレスフルな状況を乗り越えた後に、
 GWという休息が与えられます。

 そうすると、コルチゾールの分泌が止まり、心身の傷の修復の為に、
 セロトニン(休息・安心・穏やかさ)ドーパミン(楽しさ・ワクワク)
 を求める行動を連休中に採るのが普通だと思います。

 そしてそれらは自分にとっては”快”の刺激で有るはずですから、
 見事、不快刺激から「逃がれて」快刺激に移行できる訳です。

 ※これもマラソンに譬えると、走り続ける苦しさから逃れて
  足を停めて一息ついてる状態です

③その後にまた不快刺激との闘争が待っている事


刺激に対して敏感な人が一度「不快刺激」から逃れ「快刺激」を味わうと、
 もう一度不快刺激の真っただ中に戻ってゆく時に、

 そこに不快刺激を上回る様な快刺激が無いとすれば、
 連休中に学習した?「逃げる」という防衛反応が生じるのも当然
 だと思います。

 そしてこの「逃げる」という防衛反応は、
 同時に「休息・安心」や「楽しさ・ワクワク」といった
 セロトニンやドーパミンを求める「希求反応」でもあると言えるでしょう。

 ※マラソンでも、一旦足を停めて休んでしまうと、また走り出す事が
  却って大変になると思います。

  まして、ゴールには「不快の権化」である鬼コーチが待ってるけど
  休憩所には「快を与えてくれる」優しい恋人が居てくれるのなら、
  尚更だと思います。

   

だとすれば、どうすれば五月病から脱出する事ができるのでしょうか?

そのヒントを次回、お書きしたいと思います。

<次回へ続く>



パーマリンク

2022/5/16 (月)

5月病かな?と感じているあなたへ

「この春から大学に入学して、独り暮らしを始めた。
 GWに帰省してまた下宿に戻って来たけど、大学に行こうと思っても
 朝起きれずに、ずるずると休んでしまっている・・・」


「今春、新卒で今の職場に入社した。
 4月は覚える事が沢山あって無我夢中だったけど、
 連休中にゆっくりしてリフレッシュできたはずなのに、
 なぜか連休明けから、会社へ行くのがとても憂鬱になっている・・・」




入学・進級・入社・転勤・異動等の環境の変化があった後に
5月のGWの連休後に心や体の調子を崩してしまい、
憂鬱になったり体調が悪くなったりしてしまう、
所謂「5月病」に襲われている方もいらっしゃると思います。


そんなあなたに

①何故五月病になるのか?(原因)

②どうすれば五月病から抜け出せるのか?(対策のヒント)

について、次回から私の考えをお書きしたいと思います。

<次回へ続く>



パーマリンク

2022/5/13 (金)

どうすれば結婚できるのか?

<前々回からの続き>


前々回までに、
「結婚したくてもできない」といったお悩みを抱えておられる方は
「本当に結婚したいのか?」という自分の奥底の心理を探る事

「自分の思い通りにしようとする傾向」の強弱といった自分の性格特性を知る
といった2点が大切だと思う、

そして、
「結婚したくない」部分が見つかれば、
その”部分”に納得してもらえる様な提案やその部分が抱えてる不安を解消
する事が大切だと考える、

更には、
「自分の思い通りにしたい(理想通りの相手じゃなきゃ嫌だ)」という
持って生まれた性格特性が強くて、
「結婚して子供を持ちたい」部分とが衝突してる場合も、

その両者が話し合って折り合いをつけてゆく必要があると思う、
とお書きしました。


今回はそうする為のヒントをお書きしたいと思います。




①”結婚したくない”部分へのアプローチ

(「結婚したい部分」と「結婚したくない部分」との折り合いをつける)

例えば、「ずっと一緒だと息が詰まる」と反対する部分があるのなら、
「残業したり趣味を見つけたり、多少家賃が高くなっても自分の部屋を確保
 したりできるのならどうかな?」と反対する部分にお伺いを立てたり
(勿論相手の人にも承諾を得た上で、ですが)

或いは自分の不安に向き合って解消する為にカウンセリングを受けたり、
等によって反対する部分と折り合いをつけてゆく作業が必要になると思います。
(※詳しくはお問合せ下さい)


但しここで注意しないと行けない事は、「結婚したくない部分」
「(世間体や親の期待に応える為に)結婚しなきゃいけない部分」との
対立・葛藤がある場合です。

こうした「~したい・したくない」(=自分の本当の欲求)と
「~すべき・すべきではない」(=自分を縛る部分のルール)の対立の場合は、

本来の自分の欲求(=結婚したくない)を優先しないと、
後々しんどい事になると思います。

そしてその場合でも「自分を縛る部分」を無視せずに納得してもらう必要
があるでしょう。

(※詳しくはお問合せ下さい)




②”自分の思い通りにしたい”部分へのアプローチ


(「自分の思い通りにしたい部分」と「早く結婚したい部分」との折り合い)

(1)相手に求める理想を、事細かくなるべく沢山書き出す。


(相手の性格や収入は勿論、話し方や食べ方、容姿や髪型やファッション
 に至るまで)


(2)その中で「自分の思い通りに変えられる可能性がある部分」と
「自分の思い通りには変えられない部分」に分ける。

⇒例:「髪型や話し方、ファッションや収入は変えられる可能性はあるけど、
    顔や身長は変えられないな~」


(3)相手の「変えられない部分」の中で「ここだけは譲れない」といった
 一番のポイント(一番重要な”快”)と「これだけは嫌」といった
 一番無理なポイント(一番重要な”不快”)に〇を付ける


(4)婚活等で異性と出逢ったら「(3)」の最重要ポイントを基に選別してゆく


(5)それ以外の「自分の思い通りに変えられる可能性のある部分」
 については具体的な方法を考えて、
「自分の思い通りにしたい部分」が納得する様なプレゼンを行う。


(6)もしそれで「自分の思い通りにしたい部分」と折り合いが付けば
 その相手と結婚して、子ができて、子が成人して、夫婦二人になって
 ・・・と、老後迄の結婚生活をイメージしてみる


(7)そのイメージに反対する部分(引っ掛かり)が無ければ
 その相手との交際を進める

※もしお独りでの解決が難しい場合はお気軽にご相談下さい。



パーマリンク

2022/5/12 (木)

「今、死にたい!」と思っている人へ

この所、俳優の方や芸人さん等、有名な方の自死?のニュースを見て、
どうしてもこのコラムを書きたくなりました。


「死にたい!」という気持ちは、中々周囲に理解され難いと思います。


それは恐らく、今の悩み・苦しみ・恐怖が大きすぎて、死ぬ事でしか
そこから脱出する方法は無い!と追い詰められる程の苦悩を
多くの方は経験されていない(感じた事が無い)からだと思います。


動物や人間が、脅威や恐怖に直面した時の防衛反応としては、
「逃げる」「戦う」「凍り付く」等がありますが、

「死ぬ」という事は目の前の脅威・恐怖・苦痛に対して、
生存本能と「戦って」苦痛から「逃げる」という意味では、
当然考えられる反応だと思います。


ただ、
もしあなたの中に「死にたいと思ってる部分」とは別に
「死ぬのをためらっている部分」が少しでもあるのであれば、
その”部分”に向けてメッセージをお伝えしたいと思います。


ーー今のあなたの「死ぬ事以上の苦痛」は「死ぬ事」以外でも
  カウンセリングで軽減・消失させていく事ができます。

  カウンセリングを受けに来られる方の中にも、
  「死にたい気持ち」を持っておられた方は
  少なからずいらっしゃいましたが、

  その「死ぬ事以上の苦痛」をカウンセリングによって軽減されて
  「幸せに生きる」方向へシフトされていかれています。


あなたの中に「幸せになりたいと思っている部分」が少しでもあれば、
どうかご連絡を頂けないでしょうか?

宜しくお願い致します。



パーマリンク

2022/5/11 (水)

結婚できにくい性格特性とは?

<前回からの続き>

「まだ妥協したくないし、理想の相手としか結婚したくない」
等といった、”自分の思い通りにしようとする”傾向が
持って生まれて強い人もいらっしゃるでしょう。


こういったタイプの方は(以前もお書きしましたが)
持って生まれて「快・不快」といった刺激に非常に敏感で、

その結果である性格特性として、自分の思い通りにしようとする
(不快を避けて快を求める)事に拘り、執念を燃やすと考えられます。


ですから結婚相手に対しても一切妥協を許さないといった
スペシャルな性格の方だと考えられます。


持って生まれた性格は変えようがありませんので、
勿論それを貫かれる事が大切だと思います。


ところがもしあなたがその性格に該当する様に感じて、
尚且つ「結婚したい」という心理の部分と衝突しているのであれば、
「そろそろ結婚したいのにできない」といった葛藤が生じるでしょう。


そんな時に
「あなたは理想が高すぎるのよ!どこかで妥協しないと
 結婚なんてできないわよ」と言われたとしたら、

「自分の思い通りにしたい」部分「嫌だ!」と反対するでしょうし、

かと言って、
「じゃあ、子供は諦めてでも理想の相手が見つかるまで婚活をやり続けたら
 いいじゃない」と言われれば、

「結婚して子供を産みたい」という部分が
「嫌だ!あと2年以内に結婚したい」と反対するでしょう。


こういった葛藤がある場合は、
「自分の思い通りにしたい(理想通りの相手出なきゃ嫌だ)」部分

「結婚して子供を持ちたい」部分
とが話し合って折り合いをつけてゆく必要があると思います。

それでは次回は、
「どうすれば結婚できるのか?」についてのヒント
をお書きしたいと思います。

<次回へ続く>



パーマリンク

2022/5/9 (月)

あなたは本当に結婚したいのか?

<前回からの続き>

「結婚したいけれど(様々な事情で)自分は結婚できないかも?」

と悩んでおられる方に、よく見受けられる心理としては、

心の奥底に
「結婚したくない」等と結婚に反対したり抵抗したりする部分がある場合
です。

(もしそうであるならば「結婚できない」のではなく「結婚したくない」)


まず、その可能性を以下の方法で探ってみませんか?




<結婚したくない部分の探索>

①イメージでの探索


⇒あなたのネックになってる部分が全て解消されたとして

(前回の例「①」なら理想の相手が見つかったとして、
 例「②」なら自分の短所が全て解消されたとして
 例「③」なら、田舎で親と同居してくれる相手が見つかったとして)

その理想の相手との結婚生活を想像してみましょう。

・・・家に帰って、一緒にご飯食べて、話をして、一緒に寝て、
休日は一緒に出掛けて・・・やがて子供が産まれ、
子供中心の生活になって、家事・育児を分担して・・・。


その様に、子ができて3人の生活が始まる所までイメージしてみて、
どこかに引っ掛かる所があれば、書き出してみましょう。

(例:「いくら好きな相手でもずっと二人一緒だと息が詰まりそう」
   「子ができて僕の事を疎かにされたり、平日の夜や休日に
    自分の時間が持てなくなるのは嫌だなあ」等々)

②思考による探索


⇒あなたのネックになってる部分が全て解消されたとしても
 尚且つ「結婚したくない」とすれば?・・・

 その結婚に反対・抵抗している部分になってその理由を
 思いつく限り紙に書き出してみましょう。

=「私(僕)は結婚したくない!何故ならば〇〇だから・・・」

(例「両親の様に喧嘩が絶えなくて、母親の様に子にそのイライラを
  ぶつけてしまうのでは?と怖い」
  「夫との関係が冷めてしまい、私に興味が無くなって浮気されるのが嫌だ」
  「両親も近くに居ないし、子供に縛られて自由が無くなるのが嫌だ」
 等々)

もし「結婚したくない」部分を発見したら、
その”部分”に納得してもらえる様にもってゆく事が先決だと思います。

但しここで注意しないと行けない事は、
「結婚したくない部分」
(世間体や親の期待に応える為に)結婚しなきゃいけない部分」
との対立・葛藤がある場合です。

こうした「~したい・したくない」(=自分の本当の欲求)
「~すべき・すべきではない」(=自分を縛る部分のルール)の対立
の場合は、

本来の自分の欲求(=結婚したくない)を優先しないと、
後々しんどい事になると思います。

そしてその場合でも
「自分を縛る部分」を無視せずに納得してもらう必要があるでしょう。

ここでもし結婚に反対する部分が見つからなかったとすれば、

「”自分の思い通りにしようとする傾向”の強弱
 といった自分の性格特性を知る」に移りましょう。

<次回へ続く>



パーマリンク

2022/5/6 (金)

何故あなたは結婚できないのか?

①「紹介してもらった今度の男性も、見た目はイケメンで
  一流企業に勤めてるけど話がつまんないし、どこか品が無いと感じたな~。

  あ~どいつもこいつも理想とは違うし・・・
  でも私ももう30だし、そんな事言ってたら結婚できないのかなあ~
  ・・・」


②「人見知りで話下手で、可愛くも無いし取り立てて長所も無い私なんて
  結婚なんてできないんだろうなあ~」


③「結婚したいけど田舎の長男だし、今どき親と同居してくれる女性なんて
  居ないだろうなあ~」




「結婚したいけれど(様々な事情で)自分は結婚できないかも?」
と感じられて悩んでおられる方も多いと思います。


恋愛・人生相談、夫婦関係、結婚観等で悩んでおられる方に、
長年心理カウンセリングでお手伝いを差し上げてきた経験と知識を基に、
ヒントとなる考え方を今回からお書きしてゆきたいと思います。

まずそういった内容でお悩みの方は
「本当に結婚したいのか?」
という自分の奥底の心理を探る事

「自分の思い通りにしようとする傾向」の強弱
といった自分の性格特性を知る

といった2点が大切だと思います。


それらについて次回からお書きしてゆきたいと思います。

<次回へ続く>



パーマリンク

2022/5/4 (水)

自分の思い通りにしようとする能力の活かし方

前回までに、
DV・モラハラ、ギャンブル・性依存、性犯罪等の”問題行動”を
やめられない人

①快・不快に対する感受性が(生れつき)とても鋭い

②それ故、自分の思い通りにしたい(不快を避けて快を求める)
 という欲求が人一倍強い

③それに加えて、(自己)実現傾向や自己効力感が強く
 その欲求を叶える為の行動を採る事ができる

といった生来の傾向・能力を持っていると考えます。


そして
それらの特殊能力は生まれ持ったもので、変える事は難しいと思います。

ならばその能力をどうすれば(”問題行動”ではなく)自身の幸せに活かせる
のでしょうか?


今回はそのヒントをお書きしたいと思います。




<自分の思い通りにしようとする能力の活かし方>




①自分にとっての究極の”快”の人生を想像し、書き出す


「もし自分に何でも叶える事のできる能力が備わったとすれば、
  何を得たいか?何をしたいか?どうなりたいか?」
 を想像して、それを書き出す。

但し、これには以下の2つの条件があります。

(1)条件1:

 他人は関係なく、自分の力だけで達成する可能性があるもの

=例えば、
 フィギュアスケートの羽生選手の、「4回転アクセルを成功させたい!」
 といった”快”の欲求はOKですが、
 「日本中のみんなが僕のファンになって!」はNGな”快”の欲求
 になる訳です。

(2)条件2:

 法律・道徳に反する事なく、自他に迷惑を掛けない事

「世界一の大富豪になる」が”快”の欲求だとして、
 ビジネスで儲けて宇宙旅行に行くのはOKですが、

 オレオレ詐欺は勿論NGですし、

 「理想のスタイルになる」という”快”の為に、
 エアロビや運動をするのはOKですが、

 自分に迷惑を掛ける過度のダイエットはNGです。



 
②書き出した”快”と感じる事柄に優先順位を付ける

優先順位の付け方としては、

 (1)達成の可能性
 と
 (2)”快”の強弱

 の順に並べ替える

=例えば羽生選手が子供時代に2回転しかジャンプを飛べていない時には
 4回転アクセルを飛ぶ方が3回転アクセルよりも”快”が強くても、
 達成の可能性からすると、3回転アクセルが優先される訳です。

 でないとモチベーションが続かないでしょう。

 


③それを達成する為に、今すぐできる事をやる

⇒しんどい事でも、常にその先にある”快を意識しながら
 我慢したり努力する事が大切だと思います。


=例えば、羽生選手が歯を食いしばって厳しい練習を課すのは、
 その先に大きな”快”があるからです。

 恐らく常にその”快”を意識し続けないと努力や我慢は続かないのでは?
 と思います。



パーマリンク

2022/5/2 (月)

DV/モラハラ,ギャンブル/性依存,性犯罪をやめるには?②

<前回からの続き>

今回も引き続き
DV・モラハラ、ギャンブル・性依存、性犯罪やめる為のヒント
をお書きしてゆきたいと思います。




<”問題行動”をやめ(させ)る為のヒント>




①不快な刺激を減らす

私の推測では”問題行動”をやめられない人は
(自己)実現傾向や自己効力感が強く
その欲求を叶える為の行動を採る事ができる人
だと考えます。

ならば自分にとっての不快を無くしてゆく行動(そこに焦点を絞れば)
実行してゆけるはずです。

(例:たとえば職場の上司のお小言が不快ならば、文句を言われない様な
   スキルを身につける、或いは妻との関係が不快ならば、関係性の修復
   に全力を傾ける、等)




②「快の刺激」を得る方向性を変える

快の刺激を感じ易く、それを求める傾向が強いのだとすれば、
その傾向を無くす事はできないでしょう。

ただ、
その傾向が”問題行動”に向かってしまってる事が問題です。

ですから、
それを満たす別の方向性を見つける事が大切だと思います。

(例:たとえば、”問題行動”以外で、思い通りに快の刺激を得られる事
   を見つける、※詳細例は省略)




③求める快の刺激以上の不快な刺激の回路を作る

例えば、
ギャンブル依存の夫が妻に借金がバレて
「今度やったら離婚して二度と娘と会わせない」と言われたとします。

そして夫にすれば「大好きな娘と二度と会えないといった不快」
快の刺激を上回るものだったとすれば、
たった一度の不快刺激にも強く反応し、暫くはギャンブルをしないでしょう。

でも、
暫くするとまたギャンブルを始めてしまう・・・。

これは、
ギャンブル等の”問題行動”に繋がる「快刺激」への
脳の神経回路が繰り返し強化されている為、と考えられます。

ならば、
不快刺激も”意図的に”繰り返して強化してゆく必要があるでしょう。
(※詳細例は省略)

具体的な方法をお知りになりたい方はお気軽にお問合せ下さい。

それでは次回は、自分の思い通りにしようとする能力の活かし方
についてお書きしたいと思います。

<次回へ続く>



パーマリンク

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional