Google+ で検索

新大阪 カウンセリング 大阪の心理療法 コーチング 返金保証 超短期

コラム/2013-06-23

Top / コラム / 2013-06-23

依存症からの脱出~①何故やめられないか?(脳内物質との関係)

◆「どうしても依存症から抜け出せないんです」
◆「リストカットや過食嘔吐を止められません」

アルコールギャンブル恋愛買物ゲーム携帯等の依存
或いは、過食嘔吐リストカット等の自傷行為・・・。

どれも「止めたくても止めれない」から辛いですよね。

では、何故「意志の力」ではやめられないのでしょう?

それは、どちらも脳内物質が関係した脳の働きだからです。

例えば依存症の場合は、それをする事によって「ドーパミン」という
”快感”を感じる脳内物質が分泌されます。

それをすると→ドーパミンが放出されて快感を感じる→だからまたそれをしようと
する→またすると快感を感じ、もっとしようとする・・・。
と言うサイクルが出来上がっちゃう訳です。

しかもそれが繰り返されると、快感を感じる神経が鈍くなって行き、少しの刺激では
快感が得られなくなり(耐性)「もっと、もっと」とエスカレートして行きます。

加えて、それを止めようとすると「禁断症状」が出る為に中々止める事ができず
常に「ドーパミンを求め続ける状態」が続きます。

これって、麻薬の耐性や禁断症状と同じですよね。
だから止められない訳です。

一方(過食)嘔吐リストカット(自傷行為)等は、それをする事によって
アヘンに似た脳内麻薬物質であるオピオイド(エンケファリン、β-エンドルフィン等)
が分泌されると考えられます。

オピオイドは、「戦う事も逃げる事も不可能」な強いストレスに晒された時に
「もう観念します」と思考や感情を自分から切り離しある種の「安らぎ」
をもたらします。

そして、このオピオイドも同様に、耐性禁断症状があるので、
中々止める事ができません。

※余談1:このオピオイドは自分を窮地に追い込んだ時に出やすいので、
  マラソンでのランナーズ・ハイもこのオピオイドがもたらすものですし、
  荒行・苦行でもそれが出るでしょう。そして化学組成自体が麻薬とよく
  似てるので、LSDを使った時の様な幻覚や幻聴などのある種の”神秘体験”
  が生じる事もあると思います)

※余談2:ある種のカルトや新興宗教にも、これらのドーパミンやオピオイド
  を使って人を”依存”させてしまう所もあるかも知れません。
  普通の人は「快楽系」へ行き、ドMの人は「苦行系」へ・・・。
   因みに僕はドMの苦行系ですが(笑))

では、これらの「”依存”から脱出ぬるにはどうすれば良いか?」
次回、私見を交えてお書きしたいと思います。



コメント


認証コード(0561)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional