Google+ で検索

新大阪 カウンセリング 大阪の心理療法 コーチング 返金保証 超短期

コラム/2014-05-25

Top / コラム / 2014-05-25

DV夫(彼)や依存夫と別れられない人へ

「夫が暴力を振るう。でもこの人をわかってあげられるのは私だけ・・・。
 私が見捨てたらこの人は余計に傷つき誰も信じられない人になっちゃう。
 でも、私も辛い。」

「夫は仕事が長続きせず、頼りにならない。だから私が頑張って
 仕事も家事も育児もやり続けた。でももう限界・・・。」

うちのルームにもそんな関係で苦しんでおられるご夫婦やカップルが
お見えになります。

ご主人がDVお酒やギャンブル等の依存浮気症等で、
それがどうしても改善できない場合は、別居や離婚をお勧めする場合もあります。

でも、どんなに奥さんが辛くても「どうしても別れられない、別れたくない」
と仰るケースもかなりあります。

そういったケースの殆どに感じられる事は、
ご夫婦それぞれが持っている無意識の信念(間違った思い込み)が
まるで鍵と鍵穴の様にピッタリとかみ合って離れられないのでは?という事です。

どういう事かと言うと、

例えば暴力を振るう夫の場合
「僕には価値が無い」「僕は愛されない」「他人は僕を見捨てる」「他人は僕を
わかってくれない」等の無意識の信念が、多くは子供時代に刷り込まれる。
(例えば虐待やネグレクト等によって)

その信念への「反撃」の為に「僕の価値を認めて!」「僕を愛して!」
「僕を見捨てないで!」「僕をわかって!」等と相手に要求する。

そして、夫の子供時代の親が暴力によって自分の「要求」を無理強いしてた姿
を見ていたら暴力という”同じ手段”を使って要求を通そうとしてしまう

丁度幼い子供がかまって欲しくて、わかって欲しくて、甘えたくて暴れる
のと似ていると思います。

「虐待されて来た人は配偶者や子供を虐待する」という「虐待の連鎖」
の多くはこの様にして生まれると僕は考えます。

一方そんな夫と別れられない妻は、多くの場合

「私は他人を助けて初めて価値が出る。だから何としても他人を助けなきゃ!」
「他人の顔色を伺ったり、他人を優先しなきゃ。でないと私は愛されない」
「甘えちゃいけない、頼っちゃいけない」等といった無意識の信念が
刷り込まれている。

(母を助けて来たり、自分の考えや気持ちを後回しにせざるを得ない環境で育った、
 或いは自分でそう決めた)

そしてその信念通りに「自分が助けなきゃいけない相手」や「甘えられない相手」
「頼れない相手」「自分を優先できない相手」無意識が選んでしまう

逆に夫は「自分を助けてくれる人」「どんな事をしても見捨てない人」
無意識が選んでしまい、お互いに「ビビビ!」と来て引き合う。

(この辺り以前の記事に書きました)

だからお互いのその無意識の信念が変わらない限りは譬え夫がDVをしようが、
依存症であろうが、ピッタリはまった鍵を鍵穴から抜く事ができずに、
お互いに苦しいのに、離れられなくなってしまう・・・。

では、どうすればお互いが苦しみから抜け出せるのでしょうか?

通常僕は夫婦・カップルセラピーの場合は家族療法、特にシステムズアプローチ
の考えに沿って、お互いの或いはどちらか一方の言語や行動の
コミュニケーションパターンを変化させるお手伝いを差し上げます。

一方だけでもパターンが変化すれば、問題を含んだ夫婦の関係性は
問題を含まない関係性へと変化する、と考えるからです。

但し無意識の抵抗からか、パターンを変化できない場合や事態が急を要する場合は
「無意識の(信念)のパターン」を変化させる様な手法を採って行きます。

例えば夫の信念が「僕には価値がない訳じゃない」「僕は愛されない訳じゃない」
「妻は僕を見捨てない」等と変化し、
妻の信念も「私は他人を助けなくても価値がある」「他人の顔色を伺わなくても
他人を優先しなくても愛される」等と変化すれば
鍵と鍵穴はスムーズに抜き差しできる様になるでしょう。

勿論鍵穴だけ少し広げるか、鍵だけを少し削っても自由に抜き差しできる訳ですから
夫婦のうちのどちらか一方だけが信念を変化させても自由になれます。

そして自由に抜き差しできる様になれば、またピッタリと寄り添うのか?、
或いは離れるのか?の選択も自由にできるようになるはずです。

もしその様なご関係で苦しんでおられる方がいらっしゃればご夫婦、カップルの
どちらかお一人だけでもカウンセリングを受けてみる事を検討してみませんか?



コメント


認証コード(5786)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional