Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2015-12-01

Top / コラム / 2015-12-01

人生の残された時間の中で

所詮、人の人生なんてたかだか100年もない。
僕達50代なら、せいぜい後20~30年・・・。

そして、20~30年前の事を僕は昨日の事の様に思い出す事ができる。

「あの時ああしとけば、こうしとけば」という後悔は
お陰様で少ないが、それでももっと色んな事ができたのかも知れない。

同じ様に20~30年後の僕は、”今”の事も昨日の事の様に思い出す事だろう。
その時にはもう後悔先に立たず、だ。

そして人生の終焉では、自分の好きな様に振る舞って、譬え人から嫌われた
にしても、他人の為に身を犠牲にして尽くして、他人から認められようが、
必要とされようが、全て何の意味もないものになるであろう。

そんな中で唯一残るのは「本当に自分の人生を生きたか?」
「自分が求めたものを満たす事ができたか?」といった「自己満足」のみ
だろう。

そこには他人の承認や、評価等はもはや入り込む隙も無いだろう。

もしあなたが今のまま生きたとしたら、その人生の終焉に置いて
「自己満足」を感じるだろうか?

そんな事を考えてみるのもいいかも知れない。

もしそれを考えてみた時に、何か心がざわざわして落ち着かなさを感じる
のであれば、思い切って自分の意識の向きを変えてみるのもいい
かも知れない。

もしあなたが「自分を愛する」に偏っていて「他人の事はどうでもいい」
と私利私欲に走っていた(失礼)として、人生の終焉を考えた時に心がざわざわ
するのであれば「与える」事に意識を向けてみるのがいいかも知れない。

逆にもしあなたが「与える」に偏っていて、自分の事はいつでも後回しにし、
他人を助け続けて来た人で、人生の終焉を考えた時に心がざわざわする
のであれば、「受け取る」事や「自分を愛する」事に意識を向けてみる
のがいいかも知れない。

そしてもしあなたが「受け取る」に意識が偏っていて、
「何で認めてくれないの?何でわかってくれないの?」と慢性の愛情不足
に陥っているとして、人生の終焉を考えた時に心がざわざわするのであれば、
「与える」事に意識を向けてみるのがいいかも知れない。

では、どうすればそれが可能となるのか?

これらのヒントとして我が師矢野惣一先生のご著書
「うまくいかない人間関係は”愛の偏り”が原因です」のご一読をお勧めします。

※もし本を読むのが面倒臭ければ(笑)一度お越しになるのもいいと思います。



コメント


認証コード(5713)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional