Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2020-05-11

Top / コラム / 2020-05-11

何故超短期でのカウンセリングが可能なのか?①

私のカウンセリングでは1回~3回程度で、
どんなお悩みや症状でも、解決や改善の手ごたえを掴んで頂いたり、
寛解へ大きく近づく方が多いです。
(※約3,500ケースのうち、4回以上の長期間通われる方は全体の5%未満です)


例えば、
数百以上あると言われている心理学の学派の中で、我が国での現在の主流は、
傾聴をメインとする、「来談者中心療法」

「認知行動療法」と呼ばれるものです。

そして、いずれの方法に於いても、
終結に至るまでは、通常十数回~数十回の
カウンセリングが必要な事が多いです。

※中にはアメリカのMRIという機関で発展した
 ブリーフセラピー(短期療法)という学派もあり、
 こちらは数回での終結が多い様です。


様々な症状や障害、解決困難に思える問題等を
抱えておられるお客様にとっては、
「そりゃ、短期間で改善できたるに越した事はない」
といった思いと同時に、
「私の長年の悩みがそんな短期間で解決する筈もない」
という思いも抱かれると思います。

それでは何故超短期で改善する事ができるのでしょうか?
その答えをできるだけ分かりやすく簡単にお書きしたいと思います。




まずお客様は、
日常生活で何か困られている問題があり、
今の行動を変えたくても変えられないから
カウンセリングにお越しになられる訳です。

ですから、まず初めに
「どういうふうに行動を変えたいか?」
という目標を設定する必要があると思います。


(例)
A:「アダルトチルドレンの生き辛さから抜け出したい」

B:「依存症を克服したい」

C:「不安を無くしたい、性格改善したい」

D:「子供のゲーム依存と不登校に悩んでいる」
・・・等々。


例えば、
「A」の場合は、

「日常生活に於いてどんな場面で生き辛さを感じるのか?」
「その生き辛さの為にどんな事が妨げられてるのか?」
「生き辛さから脱したら、今はできないどんな事ができる様になるのか?」

等といった質問で、その方の「行動目標」を明確にしてゆきます。

(例)
「自分の意見が言えず、人に頼れずに一人で仕事を抱え込んでしまい、
  仕事に行けなくなってきた・・・
  みんな頑張ってるのに、迷惑かけてるのが辛い」

だとすれば、
 「迷惑かけるのが辛いので迷惑かけない様にしたい」

 (その為には?)
「迷惑かけない様に仕事に行ける様になる」

 (その為には?)
「一人で仕事を抱え込まない」

 (その為には?)
「自分の意見が言えたり、人に頼れる様になる事」


つまりこの場合は、
「自分の意見が言え、人に頼れる様になる事」
が、この人の行動目標になる訳です。


同様に、
「B」の場合は、ギャンブルやアルコール、SEX、恋愛、買い物、
  過食等への依存をやめる事が行動目標で、

「C」は「A」と同様に、
 「不安を無くしたり、性格改善できたら何ができるようになるか?」
  が行動目標になり、

「D」は子供が学校に行く事やゲーム依存から脱却する、
    或いは、以前の様に笑顔で元気になる、

  といった事が行動目標になります。

この様に、自分(または子供や家族等の他者)の
「望ましい行動が出来る様になり、
 望ましくない行動を減らしたり無くしてゆく」
といった、
「行動(アウトプット)を変える」という目標を明確にし、
お客様と共有する事がスタートだと思います。


ところが、
この「行動を変える」という事自体が曲者なのです。


「わかっちゃいるけどやめられない」

「しなきゃいけないけど、できていない」

といった経験は皆さんも少なからずあると思います。

まして、
変えた行動を日常生活で定着させる(般化と言います)
までは凄く時間がかかります。

ですから、
通常のカウンセリングでは時間がかかってしまうのも当然だと思います。

ところで、
この「行動(アウトプット)」に至るまでの流れとして、


①五感(或いはイメージ)での知覚(インプット)

②(それに纏わる)記憶の想起

③思考・意味づけの形成(認知)

感情・情動の生起→生理的な変化

⑤反応・行動(アウトプット)

といったものが想定されます。


という事は、
「⑤」のアウトプットを変える為には、
「①」~「⑤」のどれか一つを、或いはすべてを変えれば良い訳です。


そして、その事を意識するか否か?によって、

カウンセリングが短期で終えられるのか?
それとも長期間かかってしまうのか?
の分かれ道になると思います。

<次回へ続く>



コメント


認証コード(0470)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional