Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2020-07-01

Top / コラム / 2020-07-01

人に嫌われるのが怖いあなたへ②

<前回からの続き>

前回、

「嫌われる恐怖」が拭えないあなたは、

「人一倍鋭い感受性(以前お書きした高性能センサー)」


「類まれな共感力」


「並外れた集中力」

を持っておられるのかも知れません、とお書きしました。

どういう事かというと、

「人一倍鋭い感受性」を持っておられると、

相手のちょっとした表情や声のトーン、態度等の「いつもと違う部分」を
読み取る能力が人の何倍もすぐれている筈です。


そして、

過去に嫌われた経験があれば(誰もがそういった経験があると思いますが)
「鋭い感受性」によって、人一倍傷つきます。


そして、

その心の傷が深ければ深いほど、
「もう二度と傷つきたくない」と思うのも当然です。


だから、

「鋭い感受性」によって、相手が自分を嫌ってないか?を敏感に読み取って、

「きっと私を嫌ってるに違いない」
等と相手の気持ちを読み解いたり、

或いは、

「私がこの人の事を嫌ったら、きっとこの人は傷つくに違いない。
だから、この人の事を好きでいなくちゃ!」

等と、

「類まれな共感力」を用いたり、

「並外れた集中力」で、「嫌われていないか?」という事に集中し続け、

「あの人達は私の悪口を言ってるに違いない」等と、
「豊富なイマジネーション」が妄想レベルにまで発展してしまう・・・。


これらは、

自身の「特性」を総動員して、
もう二度と傷つけられない様に防御してるとも言えると思います。


もしあなたがこれらの「特性」を持ってると感じられるのであれば、
それらは「持って生まれたもの」の可能性が大きいです。

だとすれば、

「私はなんて弱いんだ・・・情けない」等と、
どうかご自分を責めないで頂きたいと思います。




以前もお書きしましたが、

持って生まれたもの(=「変えられないもの」)は否定せず、
変えようとしない事が大切だと思います。

とは言え、

「嫌われるのが怖くて苦しい」という現実は残ってしまいます。




次回からは、その苦しみから抜け出す為のヒント
をお書きしてゆきたいと思います。

<次回へ続く>



コメント


認証コード(4819)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional