Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2020-08-07

Top / コラム / 2020-08-07

やる気を出す方法①セロトニン不足の場合

<前回からの続き>

前回までに、

「やる気」が出るか?否か?「ホメオスタシス」(恒常性)と、

それに基づく脳内ホルモンである「セロトニン」「ドーパミン」
「(ノル)アドレナリン」が関係していると推察されるとお書きしました




では、

「やる気」を引き出すためにはどうすれば良いのでしょうか?


今回からはそのヒントをお書きしてゆきたいと思います。

私が思うに「やる気」を引き出す為のポイントとして、


①セロトニン不足の人の場合

 =セロトニンを増やす行動をする

②ドーパミン不足の人の場合

 =ドーパミンが出る方向に持ってゆく

 その具体策として


 (1)報酬を用意する


 (2)やらなければいけない事自体でドーパミンが出る様に工夫する

③ドーパミンをフル活用する

④(ノル)アドレナリンをフル活用する

⑤行動パターンを打ち破る


が、挙げられると思います。




それでは、

それぞれのポイントについてお書きしてゆきたいと思います。

(※セロトニンが不足してるのか?、ドーパミンが足りないのか?などは、
 人によって、或いは置かれている環境によって異なってきますので、
 以下のやり方のうちのご自分にあった方法を 試してみるのが良い
 と思います)




①セロトニンを増やす行動をする


「あの事が気になって、何も手につかない」

「常に漠然とした不安や空虚感があって、時折何の為に生きてるのだろう?
 と考えてしまう」

「仕事のストレスで、休日も趣味を楽しむ気持ちにもなれない」
・・・。

もしあなたがこんな心の状態だとすれば、

「さあ!試験に向けて勉強を頑張ろう!」
とか
「来週からのプロジェクトに向けて準備をしよう!」
等とは思えないですよね?


恐らくこういった状態の時は、

心の安定を司る「セロトニン」が不足してして、

「ホメオスタシス」によって無意識的に「セロトニン」を増やす行動
不安や空虚感・ストレスを感じなくなる様な行動をとると考えられます。


即ち、

「寝る」「だらだらする」「ゲームやネット、酒。食べ物等にに逃げる」等々。


だとすれば不安を解消したり、セロトニンを増やす行動をとる事が先決
だと思われます。

例えば、

(1)朝にウォーキングをする、意識して貧乏ゆすりをする、
  食事の時に一口50回以上咀嚼する、

  音楽やビデオに合わせてリズミカルに身体を動かしたり、
  手拍子をする、縄跳びをする、等々。

朝の光を浴びる事やリズミカルな運動
 セロトニンの分泌に効果があるといわれています。

(2)自分がリラックスできる時間を意識して作る

好きな音楽を聴く、好きな絵や雑誌を見る、好きなを読む、
 美しい景色や物を見に行く、好きな香りを嗅いだり美味しいものを食べる、
 ペットや自然と触れ合う・・・等々。


※注意点としては、

 あなたのしたい事であれば何をしても自由ですが、

「あ~・・・今日も無駄な時間を過ごしてしまった」
 という後悔はセロトニン不足に拍車をかけるでしょうから、

 そう感じなくて済むような行動をとる事が肝心だと思います。


※余りにも不安や空虚感が大きい場合や、
 上に挙げた行動すらとる気力さえ無い場合は、
 一度医師やカウンセラーにご相談された方が良いと思います。




次回は「ドーパミン不足の人の場合」のやる気の引き出し方をお書きします。


<次回へ続く>



コメント


認証コード(8104)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional