Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2020-11-16

Top / コラム / 2020-11-16

どうすれば子供への虐待を止められるのか?⑤

<前回からの続き>

今回と次回は、子供への虐待を止めるポイントの3つ目として

③(子への攻撃行動にも働くと考えられる)ノルアドレナリン、
その分泌を抑えるガンマアミノ酪酸=GABA(ギャバ)の生成を促進する

についてお書きします。

前回までにお書きした様に、

・(広義の扁桃体に属する)「分界条床核菱形部」は
 子に対する攻撃性を促進する。

 そしてその時に使われる神経伝達物質は
 ノルアドレナリンであると考えられる。


・一方、「内側視索前野」という部分が活性化されると、
 子育て行動が促進され、そこから「分界条床核菱形部」へ伸びてる
 抑制性(GABA)ニューロンを通じて、子への攻撃行動が抑制される。


・そして、子への攻撃行動に使われる神経伝達物質はノルアドレナリンで、
 その分泌を抑える神経伝達物質が、ガンマアミノ酪酸=GABA(ギャバ)
 と考えられる、

という事です。


ならば子への虐待の抑止には、ガンマアミノ酪酸=GABAの生成を促進する事
が不可欠であると言えると思います。

(※勿論GABAの受容体側の問題もありますが、話がややこしくなりますので、
  ここでは触れない様にします)


それでは次回は、

③(子への攻撃行動にも働くと考えられる)ノルアドレナリン、
その分泌を抑えるガンマアミノ酪酸=GABA(ギャバ)の生成を促進する
為の具体的なヒントをお書きしたいと思います。


<次回へ続く>



コメント


認証コード(9399)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional