Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2020-11-18

Top / コラム / 2020-11-18

どうすれば子供への虐待を止められるのか?⑥

<前回からの続き>

今回は、子供への虐待を止めるポイントの3つ目として

(子への攻撃行動にも働くと考えられる)ノルアドレナリン、
 その分泌を抑えるガンマアミノ酪酸=GABA(ギャバ)
 の生成を促進する

 為の具体的なヒントをお書きしたいと思います。

<ガンマアミノ酪酸(GABA)の生成を促進する方法> 


1.GABAの基(グルタミン酸)が多く含まれる食品の摂取

 →野菜(トマト、じゃがいも、ナス、アスパラガス、きゅうり、メロン、
  カボチャ、みかん等、)、魚や肉、卵、発酵食品(キムチ、納豆等)、
  発芽玄米、蕎麦、チョコレート等。


2. 市販のGABAサプリメントを服用する


3. 一酸化窒素がGABAの放出を促す。そして一酸化窒素はアルギニン 
  から合成される。

  故に一酸化窒素を増やすアルギニン
 (うなぎ・にんにく・鶏肉・牛乳・大豆・ナッツ等、アルギニンサプリメント)
  の摂取が有効と考えられる。(※黒こしょうに含まれるピペリンも有効)
  
  更に、運動や半身浴も一酸化窒素を増やすと考えられる。


4. GABAはグルタミン酸から合成されるが、
  その合成に必要なのがビタミンB6。

  故にビタミンB6を多く含む食品やサプリメントを摂る事も有効。
 (=かつおやまぐろ、鮭などの赤身魚や豚ヒレ、バナナや玄米)

 
5. 腸内細菌の活用

  ビフィズス菌、ラクトバチルス・ラムノサス等


6. ハーブの活用

  Kava、ヴァレリアン、ラベンダー、セントジョーンズワート、
  カモミール 緑茶


7. GABAの体内合成を高める

  瞑想やヨガ等

<次回へ続く>



コメント


認証コード(3000)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional