Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2021-03-01

Top / コラム / 2021-03-01

HSPの人が依存症・過食を克服するヒント

<前回からの続き>

前回は私なりの仮説で(HSPの人が)依存に陥るメカニズム
をお書きしましたが、

今回はこの仮説を基に「HSPの人が依存症・過食を克服する為のヒント」
をお書きしたいと思います。

<HSPの人が依存症・過食を克服するヒント>


①深い処理(意味を深く考えてゆく)を行う時に参照するフォルダーや
 ファイルを変える


→前回の「②」の部分で「愛着の問題」「心の傷」があるHSPの人は、
 深い処理を行う時に参照するフォルダーやファイルとその中の記憶は
 ネガティブなものに偏ると考えられる、とお書きしました。

 ならば、過去の記憶が沢山入っているフォルダーやファイルを整理し直し、
 今までとは違うそれらを参照する方向に持ってゆく事で、
 そこから導き出される感情も「恐怖」や「不安」、「怒り」、「自責」
 とは違ったものになる筈です。

 ※詳細は以前のコラムをご参照下さい。

②ドーパミンやセロトニンを別の方法で増やす


→前回の「⑤」~「⑨」でお書きした様に、
 不足したセロトニンやドーパミンを補おうとする行動が依存になって
 しまっていると考えますので、別の形でそれらを補う事を考えてみます。

例:〇ギャンブルの代わりに旅行、スポーツ、ゲーム、趣味等の
   自分の好きな事をする時間を作る

  〇買い物の代わりにウインドショッピングをしたり、
   ネットショップで欲しいものを吟味して”買い物かご”に入れてゆく

  〇恋愛依存の場合は、好きなアイドルにはまる

  〇過食の場合は(過食は気にせず)腹筋トレをし、”筋肉の鎧”
   をまとって身を守る、或いは激辛料理(刺激)に無理矢理挑戦する
  等々。

 ※上に挙げたのはあくまで一例です

 ※ポイントとしては、それをする事で快の刺激が得られ、
  満足感があるものを選ぶことです

 ※別の方法が見つからない時は、
  今の依存に時間やお金や量の制限を設けた目標を立て、
  それを周囲やSNS等で宣言をし、目標を達成できれば
  自分や他者から承認や賞賛を受ける等の仕組みを作る

 →例:「ギャンブル依存克服の記録」としてブログを始め、
    「1ケ月に1回だけ」、とか「月に2万円まで」等の
    制限を設けた目標を作り、その目標を宣言し、
    それを達成すれば「コメント下さい」等と承認される
   (或いは自分にご褒美を与える)様な仕組みを作る
   (承認や賞賛によってもドーパミンやセロトニンが分泌される)

③自責や不安を減らしてゆく


→前回の➉でお書きした様に、自責や不安はドーパミンやセロトニン
 を減らしてしまうと考えられます。

 ですから、
「依存に陥ったのはHSPという持って生まれた気質のせい
 =自分のせいではない」

「不安や恐怖等のネガ感情を感じるのは愛着の問題や心の傷のせい
 =自分のせいではない」

「依存に走るのは、足りない脳内物質を補う為
 =意志が弱いからではない」

等と書くなり唱えて自責をしない事。

そして不安に対しては、以前「HSPの人が不安障害に対処するヒント」
でお書きした方法で軽減してゆきましょう。

次回からは、HSPの人の人間関係の悩みとその改善方法
をお書きしてゆきたいと思います。


<次回へ続く>



コメント


認証コード(0544)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional