Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2021-03-10

Top / コラム / 2021-03-10

HSPの人は何故人が多いと喋られなくなるのか?

<前回からの続き>

今回は、「HSPの人の人間関係の悩みのメカニズム③」として
「②」のケースを取り上げてみたいと思います。

<HSPの人は何故人が多いと喋られなくなるのか?>


前掲②のケース:
「グループ(職場・会社・集まり)の中では、喋れなくなってしまいます」 


こういったケースで考えられる事とすれば、
まず

(1)HSPの特徴の一つである「S」(感度の鋭さ)によって、
 相手の表情や声(言い方、トーン、大きさ等)、態度、行動、雰囲気等
 非HSPの人なら気が付かない些細な部分まで気が付いてしまう

 そして特に「心の傷」「愛着の問題」を抱えているHSPの人は
 相手のネガティブな反応に対してその”高性能センサー”を働かせている
 と思われます。

 ですから例えばその場に10人居れば、10人分の(特にネガティブな)
 感情を読み取ろうとしてしむでしょう。

 「AさんとBさんは機嫌が悪そう・・・」

  「CさんとDさんは馬鹿にしてそう」

  「Eさんは冷たい目で見てるし、Fさんは興味なさそう・・・」

  「そしてGさんは落ち込んでそうだし、Hさんは緊張してそう・・」

  等々。


次に

(2)そこで感じたそれぞれの感情に対して「D」の深い処理
(深く考えて意味づけしてゆく)を行い、
「相手の感情の意味づけ」を行うと考えられます。

(例)「きっと私が〇〇だからAさんは怒ってるんだ・・・」
  とか
   「私の〇〇な所をCさんは馬鹿にしてるんだ・・・」
  とか
   「Eさんは私の事なんて興味ないんだ・・・」

  等々。

 そして、もうこの時点で(10人分の刺激を強く受け取っていますので)
 「O」の刺激過多になり、「E」の強い感情反応が生じてドキドキしたり
 頭がのぼせてしまうかもしれません。

 
そして、

(3)「何を喋ったら全員が私をこれ以上否定せずに受け入れてくれ、
   同時に誰一人嫌な想いをさせずに済むだろうか?」
  と深い処理(D)によって

  「こういったらAさんがより怒るんじゃないかな?」

  「かといって、こんな風に言ったらGさんはより落ち込むだろうし・・」

  「だからと言ってこう言ったらEさんはもっと冷たくなりそうだし・・」

  等と”あっちを立てればこっちが立たず”の状態になっちゃうと
  何も言えなくなると思います。

  それはまるで泣いてる子、ふざけてる子、怒ってる子、落ち込んでる子等
  様々な感情を出して混乱してる10人の園児達に対して、
 「一言で全員の感情が落ち着くように話しなさい」
  言われている様なものです。

 →実際そんな事は不可能だろうし、そんな言葉は無いので
  言葉が出てこなくなるのではないでしょうか?


更には

(4)ジュディス・オルロフ先生が
 (HSPとほぼ同義と考えられる)エンパスの人について
 「エンパスとは、周り(他人)のエネルギー(感情・苦痛・感覚)
 をすべて取り込んでしまう人」と定義されています。

 もしそうだとすれば相手の人数が増えれば増える程、
 様々なエネルギーを受けて混乱し、消耗してしまうでしょう。

 ※だから沢山人が居る場所は、しんどくなってしまい避ける事が多くなる
  と思います。

※このケースの解決のヒントは
 後述の「HSPの人の人間関係の悩み解消のヒント」
 の中でお書きしたいと思います。

次回は「③」のケースにおける
「HSPの人は何故二度見知りするのか?」
を見てゆきたいと思います。

<次回へ続く>



コメント


認証コード(1804)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional