Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2021-03-12

Top / コラム / 2021-03-12

HSPの人は何故二度見知りするのか?

<前回からの続き>

今回は、「HSPの人の人間関係の悩みのメカニズム④」として
「③」のケースを取り上げてみたいと思います。

<HSPの人は何故二度見知りするのか?>

③「初対面の時は割と話せるのに、会う回数が増えてゆくと
  次第に話せなくなってしまう・・・私って”二度見知り”?」


こういったケースで考えられる事として、
まず

(1)初対面の時は、相手の情報(例えばどんな感じ方や考え方を持っていて
 どんな人や話題が好き/嫌いか?等)がとても少ないですので、
 思い切って何でも話せる訳です。

=丁度野球のピッチャーが相手のバッターの強い/弱いコースや高低、球種
 等の情報が少ないので、(手探りながら)思い切って投げたい球を
 投げられる事と似てるでしょう。


次に

(2)所が(特に「愛着の問題」や「心の傷」を抱えた)HSPの人は、
 持ち前の「S」(感度の鋭さ)がネガティブな方向に偏ると考えられますので、

 「私が自分の事を話したら、今この人はつまんなさそうな顔をした」
 とか

 「私の意見を言ったら、眉をしかめられた」
 等と、
 ”ネガティブセンサー”全開で相手の反応を読み取ってしまうでしょう。

 =ピッチャーで言うと、

 「カーブ」を投げたら悠然と見送られた」

 「内角直球を投げたら、睨まれた」

 「外の真っすぐは、ファウルになったけど、タイミングが合ってた」 
 等々。


 そして

(3)ネガティブセンサーで得た情報を「D」の深い処理によって
 深く考えてゆき、意味づけをしていきます。

 即ち
 「こんな事言ったら、私はつまんない奴と思われるに違いない」
 とか

 「自分の意見を言ったら、怒るんじゃないか?」
 等々。

 =ピッチャーで言うと、

 「カーブを投げたら、手を出してくれない」

 「かと言って、内角直球を投げれば怒るんじゃないか?」

 「でも外角ならヒットを打たれるだろうし・・・」

 等と考え込んでしまう状態と言えるでしょう。


(4)そしてその情報をネガティブファイルに書き込んでゆきます。

 即ち、

 「こんな事言ったら、機嫌を損ねてしまう」

 「この話題をすると相手が退屈し、嫌われる」

 「これを言うと相手が辛そうになる」

 等々。

 =ピッチャーで言うと、「投げてはいけないボール」
 をファイルに書き込んでゆく訳です。


 ですから、

(5)相手と会えば会うほど、ネガティブな情報が増え
 安全な会話・振舞いが無くなってゆき、刺激過多(「O」)になり、
 強い感情反応(「E」)が生じ、フリーズしてしまったり、
 ドキドキしてその場から逃げたくなったり、会うのが苦痛になってきたり
 するでしょう。

 =ピッチャーで言うと、「投げてはいけないボールの情報」
 が増えれば増える程、「どんなボールも投げられなくなる」
 ので追い詰められてゆくのと同じだと思います。

※このケースの解決のヒントは後述の
 「HSPの人の人間関係の悩み解消のヒント」
  の中でお書きしたいと思います。

次回は、「④」のケースにおける
「HSPの人は何故打たれ弱い(と感じる)のか?」
を見てゆきたいと思います。

<次回へ続く>



コメント


認証コード(0846)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional