Google+ で検索

新大阪 カウンセリング 大阪の心理療法 コーチング 返金保証 超短期

コラム

ホームへ戻る

コラム


<< 2017.10 >>
[コラム]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



過去のコラム記事一覧はこちら過去のコラム記事一覧

2017/10/2 (月)

家で暴れてしまう君達へ

「お前のせいだ!殺してやる!死んでしまえ!」
と母親に暴力を振るってしまったり、辺りの物を壊してしまう君達へ。

きっと君達は幼い頃、親に酷い事をされたり言われたと感じて
傷ついたのだろう。

或いは、表面上ではそんなに酷い事はされてなくても、
親にわかってもらえなかったり、聞いてもらえなかったり、
認めてもらえなかったと感じているのかも知れない。

そしてそのせいで自信が持てなくなり、他人と関わるのが怖くなり、
学校や社会でうまくやっていけなくなったのかも知れない。

そんな時、君達に憑りついた「そいつ」が囁く。

「お前が不幸なのは全て親のせいだ!親に怒りをぶつけろ!」

「そいつ」はまるで”ウィルス”の様に君達を支配してゆく。

君達をコントロールして君達の未来を滅茶苦茶にしてゆくだろう。

想像してごらん、「そいつ」の目的を。


「そいつ」に支配され続けたら、君達や家族はどうなってゆくだろう?

 もしかしたら親や他人を傷つけてしまい、警察の厄介になってしまう
 かも知れない。

 或いは、親の心が折れて鬱の様になってしまうかも知れない。

 また或いは家族が離ればなれになるかも知れない。

 そして君達の現実は何も変わらないどころか、
 増々社会から孤立してゆき、苦しいものになってゆくだろう。

そう、「そいつ」の目的は君達自身や君達の家族を全員不幸にするという
とんでもない悪党だ!

勿論、君達はそんな事ぐらいわかっているだろう。

でも、どうしたら良いのかわからないから苦しい。

て言うか、

「過去の怒りに捉われておけば、
これから待ち受ける現実への不安や恐怖を見ないで済むぞ!」

というのが「そいつ」のやり口だ。

「そいつ」は過去の怒りへと執着させる事で、
君達の”本当の気持ち”を覆い隠し、現実を変える力を奪ってゆくんだ。

もし君達の中で「そいつ」と戦って行こうという勇気を持った人がいれば
次のヒントを参考にしてみないか?


<「そいつ」と戦うヒント>

①「そいつ」が怒りによって誤魔化そうとしてる”本当の気持ち”に気付く事

幼い頃、親にわかってもらえなかったり、否定されたり、
 酷い事を言われたりして、どんな風に感じただろう?

 きっと、淋しかったり、悲しかったり、辛かったり、怖かったり、
 苦しかったのではないだろうか?

②その”本当の気持ち”を思い出せたら胸の中にいる幼い頃の君へ
 「淋しかったね」「悲しかったね」「辛かったね」と呟いてあげよう

③そして、親に酷い事されたり言われたり、否定されたり、
 わかってもらえなかったのは、きっとその時の親はまだ未熟であったり、
 余裕がなかったからなのではないのかな?

 もしそう感じたのなら、胸の中の幼い頃の自分に
 「君は悪くない。親が未熟だったんだ。君は勘違いしてるけど、
 君には愛される価値があるんだよ」

 と、「その子」が納得するまで、何度も何度も言ってあげよう

④そして、「そいつ」をやっつけたら、
 何がしたい?どうなりたい?を「その子」に聞いてみよう
 その子が答えるまで何度も何度でも

⑤目標が決まったら「その為にまず何から始めたらいいか?」
 を考えて、無理なくできる小さな小さな一歩を踏み出して行こう。

※ただし「そいつ」は君が変わる事にきっと反対するだろうから、
「そいつ」の反撃を喰らっても折れない事。

 そして、一気に変わろうとすると「そいつ」の大反撃
 を喰らうだろうから、無理なくできる小さな行動の変化
 を目指してみよう

 丁度、綱引きでじわりじわり引いてゆく感じで
 1センチずつでも自分の未来を「そいつ」から
 取り戻してゆこう



パーマリンク

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional