Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2021-06-02

Top / コラム / 2021-06-02

境界性パーソナリティー障害について

<前回からの続き>

今回からは「境界性パーソナリティー障害」(=BPDボーダー
についてお書きしたいと思います。




私の考えを申しますと「境界性パーソナリティー障害」の人は
「O」「オキシトシンシステム」(=愛着・愛情・自他信頼)

「S」「セロトニンシステム」(=安心・安定・幸せ・満足)

「N」「(ノル)アドレナリンシステム」(=不安・恐怖・怒り・行動化)

「D」「ドーパミンシステム」(=快の刺激・喜び等の報酬)

4つのシステムうまく機能していない又は脆弱であったり、
或いは偏ったパターンが出来上がってしまっているのでは?と考えます。




ここで、診断基準であるDSM-5に沿ってこの4つのシステムを当てはめて
私なりの見解をお書きしたいと思います。

①不安定な対人関係,自己像,感情(すなわち,感情の調節不全),
 および顕著な衝動性の持続的なパターン。

 この持続的パターンは以下のうちの5つ以上により示される。




(1)見捨てられることを避けるため必死で努力する
  (=見捨てられ不安が強い)


<私見>

「O」(=愛着・愛情)を強く求めながらも「O」システムが脆弱である

 加えて「N」システム(=不安・恐怖)と
「D」システム(=快の刺激・喜び等の報酬、) の働きが

「見捨てられ不安」→「愛される事(=報酬)」
というパターンに固定されている




(2)不安定で激しい人間関係をもち,相手の理想化と
   低評価(脱価値化=こき下ろし)との間を揺れ動く


<私見>

「O」システム(=愛着・愛情)を強く求めながらも「O」が脆弱である

+「D」システム(=快の刺激・喜び等の報酬、)による「理想化」

→相手が理想に近づくと
「D」から「S」システム(=安心・安定・幸せ・満足)が優勢になり
”刺激”が減少する

刺激不足を補う為に「N」システム(=不安・恐怖・怒り)を起動し
 相手をこきおろす 

相手の操作・支配を報酬とする「D」システム起動

 というパターンが繰り返される




(3)不安定な自己像または自己感覚


<私見>

「O」(=愛着・愛情)が脆弱な為、基本的信頼感(自他への)が希薄であり、
自我も未発達




(4)自らに害を及ぼしうる2領域以上での衝動性
 
  (例,安全ではない性行為,過食,向こう見ずな運転)


<私見>

「S」(安定・安心)より「D」(刺激)が優勢

そして「D」の”報酬”のパターンが固定されている




(5)反復的な自殺行動,自殺演技,もしくは自殺の脅しまたは自傷行為


<私見>

「N」による「不安・絶望・怒り」

「苦しみからの解放」「相手の操作・支配」”報酬”とする
「D」が起動されるパターンが固定されている




(6)気分の急激な変化(通常は数時間しか続かず数日以上続くことはまれ)


<私見>

「S」(安心・安定)よりも「N」(不安・怒り)
「D」(快の刺激・報酬)が優勢




(7)持続的な空虚感


<私見>

「O」(愛着・愛情・自他信頼)の脆弱性




(8)不適切な強い怒りまたは怒りのコントロールに関する問題


<私見>

「S」(安心・安定)よりも「N」(不安・怒り)が優勢




(9)ストレスにより引き起こされる一時的な妄想性思考
   または重度の解離症状


<私見>

特に「解離」については、本来は「安心・安定」を求める傾向があるのに
「S」(安心・安定)が脆弱な為に、
強い「N」(不安・怒り)に完全に乗っ取られた状態

 ※例:ジェットコースターに乗った場合、

  元々「S」(安心・安定)よりも「N」(恐怖)を求める傾向が強い人や
 「S」も「N」もどちらも強い人は大丈夫だが、

 「安心・安定」を求める傾向が強いのに、
  それをもたらす「S」が脆弱だと失神(一種の解離)してしまう
 のと同じなのかも知れません




これらの私の推測が当たっていたとすれば、

「境界性パーソナリティー障害」の人の特徴として
以下の様にまとめる事ができると思います。

①「O」「オキシトシンシステム」(=愛着・愛情・自他信頼)が脆弱である



②「S」「セロトニンシステム」(=安心・安定・幸せ・満足)
 優位には働かない傾向がある(または脆弱である)


③「N」「(ノル)アドレナリンシステム」(=不安・恐怖・怒り・行動化)
 
 「D」「ドーパミンシステム」(=快の刺激・喜び等の報酬、)が優位に働き、
 しかもそのパターンが固定している




次回は、「境界性パーソナリティー障害」と思しき架空のA子さんの例
をお書きしたいと思います。

<次回へ続く>



コメント


認証コード(2981)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional