Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2021-06-16

Top / コラム / 2021-06-16

対人恐怖症(=社交不安障害・SAD)について

うちのルームにも「社交不安障害」SAD)、所謂「対人恐怖」
に苦しんでお越しになる方も多いです。


その内容も、「スピーチ恐怖」「会食恐怖」「電話恐怖」「視線恐怖」
「書痙」「赤面恐怖」「発汗恐怖」「振戦恐怖」等様々です。


また、
「自分が人を見る視線が相手を不快にしているのではないか」という
「自己視線恐怖」と、それによって正面を見られずに
代わりに周りをチラチラ見てしまうという、「脇見恐怖」に悩んでおられる方
も少なからずいらっしゃいます。

※他にも「自己臭恐怖」、「醜形恐怖」(DSM-5ではこれらは妄想性障害
 または醜形恐怖症と診断されますが)等もここに含まれると思います。

私は、こういった症状で苦しまれておられる方に共通している事
以下の部分ではないか?と考えます。

イ.「他人に対する欲求」や「対人関係における欲求」が強い

  「それを人並にうまくやりたい」
  とか
  「嫌われたくない、迷惑を掛けたくない」

 「他人に受け入れて欲しい、愛して欲しい」という
  「繋がり・所属と愛の欲求」

  「人以上にうまくやりたい、馬鹿にされたくない、
   笑われたくない、見下されたくない」

 「他人に認めて欲しい、勝っていたい」という
  「承認欲求・優越感への欲求」

といった欲求を強く求めている(が叶っていないと感じている)と言える
と思います。

(※他人に無関心でそういった欲求を感じていない人は、
  この様な症状は出ないと思います)




ロ.感覚過敏を有している

 「あの人は私の視線を感じて、迷惑そうな顔してる」

 「私が赤面したら、あの人は馬鹿にした様な表情で一瞬笑った」

等の相手の表情や反応に対する過敏さは「感覚過敏」の傾向を有している
と言えると思います。



 
ハ.「劣等感」を有している

 「イ」の欲求を叶えようとしても「劣等感」によって
  欲求充足への行動が阻止・邪魔されてしまうと考えられます。




ニ.「こだわりの強さ」を有している

  同じ一つの欲求「受け入れて欲しい」とか「認められたい」等)
  にこだわり続け同じ不安にもこだわり続けるが為に
  症状が益々酷くなってゆくと考えられます。



  
ホ.「N」(ノル)アドレナリンシステムと「D」ドーパミンシステム 
  や「S」セロトニンシステムが亢進し続けている

 「欲求充足」については 「受け入れられたい、愛されたい」
 (=「S」セロトニンシステムの”安心”
 や
 「認めて欲しい、勝っていたい」」
 (=「D」ドーパミンシステムの”喜びや優越感”
 を求めていると考えられます。


 また、
 「N」(ノル)アドレナリンシステム「恐怖・不安」
→「(そういった事態を)回避する
とか
 「N」(ノル)アドレナリンシステム「恐怖・不安」
→「闘って(努力して)克服し勝とうとする

 というパターンが出来上がっていると考えられますので、

 元々それらのシステムが優位な人が、「ニ」のこだわりの強さによって
 同じパターンを繰り返す事す事で、益々そのパターンが強化・亢進
 され続けているのでは? と考えます。

それでは次回は、これらの私の推論に基づいて
対人恐怖症(=社交不安障害・SAD)のメカニズム
について私見をお書きしたいと思います。



<次回へ続く>



コメント


認証コード(6313)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional