Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2021-06-18

Top / コラム / 2021-06-18

対人恐怖症(=社交不安障害・SAD)のメカニズム

<前回からの続き>

今回は、前回お書きした私の推論に基づいて
対人恐怖症(=社交不安障害・SAD)のメカニズム
について私見をお書きしたいと思います。

まずそういった症状に悩まされる方の多くには
以下のメカニズムが働いてるのでは?と思います。

①「安心、愛情、繋がり」や「承認、優越感」を求める気持ちが強いが
 不安・恐怖も感じ易い人

 即ち、
 「N」「(ノル)アドレナリンシステム」(=恐怖・不安)
「S」「セロトニンシステム」(=安心・繋がり・所属と愛の欲求)
 や、

 「N」
「D」「ドーパミンシステム」(=快の刺激・承認、優越感等の報酬)

 といった「N]→「S」または「N」→「D」のシステムが優位な人
 であると考えられます。 (恐らく生まれつき)

「誰からも嫌われたくない。みんなと仲良くなりたいなあ~。」
                              (「S」)
 「でも、人前で顔が赤くなる私なんて嫌われるんじゃないかしら・・・」
                              「N」




②感覚過敏を持ってる(恐らく生まれつき?)が故に
 相手の不快な表情や態度に気が付く


「この前私がみんなの前で発表した時、A子は冷たい顔をしてたし、
  B子は馬鹿にした様に笑ってたなあ~。
  C子もきっと”情けない奴”と思ったに違いない・・・
  だからあの後、少しよそよそしい態度してるもんなあ~」
 (感覚過敏




③こだわりの強さを持っている(恐らく生まれつき?)


 一つの欲求や不安・恐怖とそれの克服にずっと集中し続けている状態
 というのは「こだわりの強さ」が根底にあると考えられます。 

 
「みんなから嫌われたくないのに、A子もB子もC子も
  最近では他の子も私に対する接し方が冷たくなってきた気がする・・・
  どうすればいいんだろう?・・・このままじゃ学校に行けなくなりそう」
  と四六時中、不安に集中し続けている




④劣等感を持っている(または作り出している)


 例えば、「相手が私の事を嫌うんじゃないか?」とか
 「馬鹿にしてるんじゃないか?」等は劣等感からくるものと考えられます。

 但し、
「(愛されている)安心を感じたい」とか「(馬鹿にせず)認めて欲しい
 等の欲求を叶える為には前提として「嫌われてるんじゃないか?」
「認められていないかも?」等の「不安」や「劣等感」が必要です。

 ですから特に刺激や欲求を求める傾向が強い人「N」システム
 →「D」システム優勢の人)は不安や劣等感を作り出してでも、
 そのシステムを作動させるのでは?と考えたりもします。


例1:「私はA子みたいに可愛く無いし・・・自分の顔なんて大嫌い!
                           (劣等感)
    きっとみんな私の事を”不細工な癖に”と思ってるんだろうなあ。
                           (感覚過敏)
    きっとみんな心の底では私の事を嫌ってるんだろうなあ・・・
                       (「N」による不安)
    整形したらみんなから好かれるかな・・・」
                       (「S」による欲求)
    という事ばかりを考えている。
                        (こだわりの強さ)

例2:「勉強できない俺の事をみんな馬鹿にしやがって!
            (創り出された?劣等感への集中・こだわり)
    俺を馬鹿にする奴は許さない!
                        (「N」による怒り)
    お前何メンチ切ってるんだよ!
                            (感覚過敏)
    殴られたいのか!?」と喧嘩を吹っ掛ける
                  (「D」による優越感を求めての行動化)

   その行動を繰り返し日々喧嘩にあけくれる不良(ヤンキー)
                          (こだわりの強さ)


※例2の場合は「対人恐怖」とは言えませんが、
 ある意味よく似ていませんか?

 違いは「劣等感を自ら作り出している」事と、

 「不安・恐怖」→「安心を求めた回避」(「N」→「S」)ではなく
 「不安・恐怖」「闘争による勝利を求める」「N」→「D」
 というパターンの違いだと思います。




⑤ パターンが固定化される


 「不安・恐怖」(N)「安心という報酬を求める」
                    (D・S)

→その為に不安・恐怖に対して「安心を求める回避行動を採る」
                 (D・Sを求めてのN)

「益々不安・恐怖が増強される」・・・という様に、

「安心」(報酬)を求めるが故に益々不安が強化されてゆくというパターン
が出来上がっていると言えると思います。


例:「私の一重の目が嫌い・・・きっと可愛くないと思われてるだろうなあ
                            (「N」)
   だからプチ整形して二重にすれば、あの娘みたいになれるかも」
                        (Dを求めてのN)

  「目は整形したけど、鼻筋が通ってないから余計に不釣り合いになった。
   これじゃあ、益々変な顔だと思われちゃう・・・」
                  (新たな不安を作り出す「N」)


  
「④」の例と同様に、「安心」や「優越感・承認・勝利」等といった
 ”報酬”を手に入れるには、「不安や恐怖」「劣等感」に集中したり、
 或いはそれらを作り出さない限りは手に入らないというパターン
 ができてしまう。

 そしてそこには「ドーパミン」「セロトニン」といった報酬が絡むので、
 言ってみれば「ドーパミン」や「セロトニン」依存

 もっと言えば「不安・恐怖」依存「劣等感」依存とも言える状態になる
 のかも知れません。

 だとすれば、
 その依存パターンから抜け出すのが難しくなり固定化するのも頷けます。

 (※やめられない事や繰り返される不快な事=依存には、
   おしなべて報酬系が絡んでいると私は思っています)  

  

◎要するに

「安心、愛情、繋がり」「承認、優越感」を求める気持ちが強い人が

その”報酬”(「D」や「S」)を得る為に、「N」システムを起動させて
「劣等感」にこだわって(或いは作り出して)、

自分(の視線、表情や言動、容姿等)に意識を集中し、
その部分にのみ感覚過敏を集中し続け、  

そのこだわり故、パターンが固定化されてしまっているている状態
とも言えると思います。 




それでは次回は私の推論に基づいて、
対人恐怖症(=社交不安障害・SAD)克服のヒント
をお書きしたいと思います。

<次回へ続く>



コメント


認証コード(0613)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional