Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2021-09-27

Top / コラム / 2021-09-27

どうすれば毒親(母)へのこだわりを断ち切れるのか?

<前回からの続き>

今回は、
「どうすれば毒親へのこだわりを捨て、自由になって幸せの道へと
 進む事ができるのか?」のヒントをお書きしたいと思います。




◎心の傷(トラウマ)の軽減と親への想いを完了させる

(1)心の傷(トラウマ)の軽減には、
 交流分析の(セルフ)リペアレンティング、
 そこから派生したインナーチャイルドワーク

 他にもEMDRNLPのフォビアのワーク・スイッシュ等、
 有効な方法が沢山有りますが、専門家の手助けが必要です。

(2)親への未完了の想いは、ゲシュタルト療法
 親に過去の出来事とその時の気持ちを全て打ち明ける等によって
 完了させる事が可能です。

※特に「感覚過敏」と「強い集中力や拘りの強さ」を有していると
 「複雑性トラウマ」を抱えてしまう事も考えられますので、
 その場合は(できるのであれば)、親と物理的・心理的な距離を取り、
 必ず専門家にご相談下さい

◎自己否定や自分を縛る”条件”を緩める

例えば、「他人の期待に応えられない私はダメだ!」
等といった考え方を緩める必要があります。

その為にはリフレーミング認知療法再決断療法等が有効ですが、
これらも専門家の手助けが必要です。

◎注意の集中のベクトルを変える

今迄、「毒親」や「アダルトチルドレン」、「心の傷」、「自己否定と条件」
に集中し拘ってきたのであれば、

「集中する方向性」「自己肯定」「自分の幸せ」「なりたい自分」
等へと変える必要があると思います。

その為には、
ブリーフセラピーSFTナラティブセラピー等が有効だと思います。

◎新しいベクトルに向かって、現実(行動)を変える

行動を変えないと、能動的に現状を変える事はできません。
ただ、行動を変えようとすると抵抗が生じる筈です。

そこで、上記の各セラピー行動療法等によって、
専門家と話し合って少しずつ行動を変える必要があると思います。

※一人では難しい場合や、お近くで専門家が見つからない場合は
 お気軽にご相談下さい。




次回からはアダルトチルドレンの世代間連鎖(伝達)について、

①”何が”連鎖するのか?

②どうすれば連鎖を食い止める事ができるのか?
のヒントをお書きしたいと思います。

<次回へ続く>



コメント


認証コード(4251)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional