Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2021-11-26

Top / コラム / 2021-11-26

吃音や書痙・震え、イップスを治すヒント③

<前回からの続き>

②「成功イメージ」(成功回路)を定着・強化してゆく

※必ず前述の「①「失敗イメージ」(失敗回路)を変化させてゆく」
 を行った上でなさって下さい


(1)過去の成功イメージを使う

a.過去の成功場面を思い出す

 
 過去自分が成功した場面(うまく喋られた、うまく書けた、
 うまく投げられた等)をいくつか思い出して下さい。

 例1:発表でうまく喋る事ができて、みんなから拍手を貰っている場面

 例2:受付でうまく書けて、受付の女性がニコッと笑ってくれた場面

 例3:うまく投げられたファインプレーで拍手喝采、
    外角低めにズバッと決まって、バッターが呆然と見送り
    味方から「凄い!」と褒められた場面

    等々

b.その場面を五感を使ってイメージする

 
 その時の情景を自分の眼で見て、身体で感じて、耳で聴いて、
 (匂いを感じ、舌で味わって・・・)等、
「今まさにそれを体験してる」かの様に五感を使ってイメージする

c.それを短時間で良いので、頻度を多くする事を意識して繰り返す


※未来の成功イメージはその回路がまだできていないので、
 失敗回路がまだ強い段階ではうまく作りにくいと考えます。

 その点、過去の成功イメージは当時と同じ回路が使用されるので
 「成功回路」の強化に向いてると考えます




(2)未来の成功イメージを使う

a.未来の成功イメージを思い浮かべる


 自分が成功している場面(うまく話せている、うまく書いている、
 うまく投げている等)をいくつか思い浮かべて下さい。

 例1:発表でうまく喋ってみんなから拍手と感嘆の声を貰っている場面

 例2:受付でうまく書けて、受付の女性がニコッと笑ってくれて、
    その後のお酒を美味しく飲んでる場面

 例3:うまく投げてファインプレーでゲームセット・・・
    監督やチームメイトから手荒い祝福を受けている場面

    等々

b.その場面を五感を使ってイメージする

 
 その時の情景を自分の眼で見て、身体で感じて、耳で聴いて、
 (匂いを感じ、舌で味わって・・・)等、
「今まさにそれを体験してる」かの様に五感を使ってイメージする

c.それを短時間で良いので、頻度を多くする事を意識して繰り返す


※必ず「(1)」がスムーズにイメージできるようになってから行ってください




以上、比較的短期間で吃音や書痙・震え、イップス等を治すヒント
をお書きしましたが、お独りでは難しい場合はお気軽にご相談下さい。



コメント


認証コード(0732)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional