Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2021-12-20

Top / コラム / 2021-12-20

客観的に自己を評価する

<前回からの続き>

今回は、
「極端な自己否定」や「極端な自己肯定」から脱して、
自分を取り戻す為の一助として「客観的に自己を評価する」方法
についてお書きしたいと思います。




<客観的に自己を評価する方法>

①自分の性格や個性を把握する


自分の性格や個性で、「伸ばしたい部分」「改善したい部分」を書き出す

 


②他人と比べる


自分が属している集団(家族、友人グループ、学校、職場等)や
 過去出逢った人達と比べて、

「伸ばしたい部分」と「改善したい部分」を基準にして
 客観的に自分も含めてすべての人の順位付けをしてゆく
 (他人と比べて初めて今の自分の立ち位置がわかる)




③常に自分の「すぐ上の人」を目標にする


順位付けした時に、自分のすぐ上に当たる人を当面の目標にして
 性格改善・行動改善に励む(※具体的な方法は省略します)




④進捗を評価する


「〇〇さんよりは、マシになった」
 「△△さんができない事ができた」等と
 進捗を正当に評価し、また「すぐ上の人」を目標にする
 といった事を繰り返してゆく。




元々他人と比べない人「理想の自分」と比べて
それを目標にすれば良いと思いますが、

元々他人と比べる傾向が強い人は、このやり方に習熟して初めて
「イチロー選手」や「羽生選手」の様に人と比べる事無く、
「理想の自分」を目標にする事ができるのでは?と思います。



コメント


認証コード(6601)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional