Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2022-06-17

Top / コラム / 2022-06-17

過去の後悔・心の傷から脱出するには?

<前回からの続き> 

今迄お書きしてきました様に、”過去の後悔”の本来の目的

「自分が幸せに生きる為には今から何を心がけて行けば良いのか?
を過去の出来事から学び、それを今に落とし込みなさい」

という事だと思います。


ところが、不快刺激や感覚に対する感受性が鋭すぎる人
それに圧倒されてしまい、”学び”どころではなくなってしまう

学ばないから「いつになったら学ぶんだ?!」
 無意識は何度も繰り返し忠告を与える

→それによってより強い不快刺激を感じて、更に学びどころでは無くなる
 ・・・

といった悪循環があるのでは?と想像します。


だとすれば、
どうすればその”悪循環”から脱する事ができるのでしょうか?

今回はそのヒントをお書きしたと思います。




<過去の後悔・心の傷から脱出するヒント>

①今の不快刺激を減らす


前述の「A子さん」の例で言えば、彼女の不快刺激は
彼氏を失ったショック(トラウマ)、
彼氏への未練、
過去の自分を責める自責の念
の3つだと思います。

「B男君」の場合は、
 つまらない勉強をしなきゃいけない事
 と
 遊ぶ暇も無い(快刺激の不足)の2つであると感じます。


「A子さん」の場合は彼氏への未練の解消:

 彼氏へ謝罪と感謝を書き出して、彼との出逢い~別れで学んだ事
 も書き出しましょう。

 そしてそれを何度も読み返してみて、悲しみを感じ切ります。

 涙が出なくなったら、「彼から学んだ事」だけを残して、
 あとの紙は破り捨てましょう


「B男君」の場合は「こんな人生を歩みたいといった自分の理想の人生
 を思い浮かべ、今の勉強がそれにどう結びついてゆくか?」を考えて、
 そのストーリーを書いてみるのもいいでしょう。

 更に、時間がたっぷりあったらやりたい事・楽しみたい事
 できるだけ多く書き出してみて、今の限られた時間の中でも
 できる事・できる部分に〇を付けてやってゆきましょう


  
②過去の自分を否定しない


「A子さん」「B男君」、その”間違った”事をした過去の自分を
 責める気持ちを書き出してみましょう。

 そしてそれに対して、過去の自分になったとして自己弁護でいいので、
 その時そうしたもっともな理由を書き出してみましょう。

 その自己弁護を今の自分として読んでみて、納得できれば
 責めてしまった事への謝罪の気持ちを書き出してみましょう。

「A子さん」は、傷ついた過去の自分に対して、寄り添ってあげる様な
 手紙を書くのも良いと思います。

 

③過去の出来事で学んだ事を意識し、それを今に落とし込む


◎今後、過去の後悔と似たようなシチュエーションが訪れた時は
 どうするのか?を書き出して、それのみを携帯し、
 過去の後悔が襲って来れば、それを読み返す
 という事を習慣にすれば良いでしょう。


「A子さん」の場合は、彼への未練が出て来る度に
 もう一つの「彼から学んだ事」の紙を読み返す事を習慣にする
 のも良いと思います。


※お独りでは難しい場合はお気軽にご相談下さい。



コメント


認証コード(8771)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional