Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2022-08-19

Top / コラム / 2022-08-19

どうすれば不倫・浮気をやめ(させ)られるのか?(3)

<前回からの続き>

今回も引き続いて
「不倫・浮気をやめ(させ)られるのか?」についてのヒント
をお書きしたいと思います。




<不倫・浮気をやめ(させ)るヒント(3)>




③様々な快刺激のバリエーションを用意する


前回の「②」で述べた様に、
「マンネリ(快の刺激不足)を打破できる様な夫婦二人で共有できる”快刺激”
を見つける」事が一番スムーズだと思いますが、

不倫・浮気に”依存”するのは快刺激を求める方向性が
それに固定化されているからとも言えます。

ですから、
不倫・浮気といった一つの事に固定されない様に、
自分にとって、様々な快刺激をもたらすバリエーションを増やしておく事
も役に立つと思います。


(1)「お金と時間が充分に手に入ったとすれば(浮気以外に)何がしたいか?」
 を自問し、その答えをなるべく沢山書き出す。


例:「毎晩友人達とパーティーをする」「ヨットを買って海を走り回りたい」
  「ツーリングで日本一周したい」「仲間とログハウスを造る」
  「バンドを組む」「ボクシングを習いたい」等々。


(2)その中で今できる事や今できる部分、
 或いはそれに向けて今できる準備を書き出す。


例:「月に1回は友人を集めてパーティーをする」
  「格安のヨットを捜し、〇年以内に手に入れるという目標を立てて
   貯金する」「週末毎に日帰りでバイク旅行する」
  「ログハウスを造る仲間やサークルを見つける」
  「ギターを買って練習し、仲間に呼びかける」
  「ボクシングジムに体験に行く」等々。


(3)その中で早速できる事から実行してゆく




④”最悪の結末”(=現実)を意識する


「このまま不倫・浮気を続ければ最悪どうなるか?」を突き詰めて考える


(1)「このまま不倫・浮気を続ければ最悪どうなるか?」を考えて書き出す

例:「離婚される」


(2)「もしそうなったら自分は最悪どうなるか?」を突き詰めて書き出してゆく


例:(もし離婚されれば自分は最悪どうなるか?)

→「独りになって寂しくなるし、子供と会えなくなるのが辛い」

(もしそうなれば自分は最悪どうなるか?)

→「生きる喜びも見失い、仕事に行く気も失せる」

(もしそうなれば自分は最悪どうなるか?)

→「最悪自殺する」

(もしそうなれば自分は最悪どうなるか?)

→「悔いが残ったままで成仏できない」等々


(3)「もしそうなったら妻(夫)や子供は最悪どうなるか?」を突き詰めて
 書き出してゆく


例:(もし離婚されれば妻(夫)や子供は最悪どうなるか?)

→「妻は仕事と育児に追われうつになる」

(もしそうなれば妻(夫)や子供は最悪どうなるか?)

→「妻が子供をかまってあげられなくて、おまけに生活に困窮する」

(もしそうなれば妻(夫)や子供は最悪どうなるか?)

→「妻は子を道連れに心中を図るかもしれない・・・」


(もしそうなれば自分は最悪どうなるか?)

→「罪の意識を背負って、自分も生きていられなくなる」


(4)その「最悪の最悪」の結果を毎日書き直し、そうなった時のイメージを
  五感を使ってできるだけ詳細にイメージする

<次回へ続く>



コメント


認証コード(6120)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional