Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2022-12-09

Top / コラム / 2022-12-09

トラウマ・感覚過敏を抱えた人が自由に生きる為のヒント⑦

<前回からの続き>

前回の「E」で、「未来の自分」になってその感覚を感じたら、
今度は未来⇒今にフィードバックしてゆきましょう。




<トラウマ・感覚過敏を抱えた人が自由に生きる為のヒント>

F.未来⇒今にフィードバックする

(1)前回の「E」で、「未来の自分の席」で「未来の自分」に成り切って
 その感覚・感情を感じる事ができれば、
 未来の自分の或る日の1日をテレビの”情熱大陸”の様に、
 追跡取材してるとして、朝起きてから寝る迄をビデオで撮影する
 イメージをしてみましょう。(できれば目瞑って)

⇒朝は何時くらいに起きているのでしょうか?
 周りには誰か居ますか? 住んでる場所や家は同じですか?
 変わってますか?
 朝起きて何をしてるのでしょうか?それから何をして?・・・

 といった様に、
 朝起きてから寝る迄のその1日をビデオで密着取材してる様に
 細かな部分までイメージの中で見てゆきましょう。


(2)そしてその日が終わり、眠りに就く時の感覚を感じてみましょう

 その感覚を感じたら、眼を開けて向かいの席の「過去の自分」に
 目を向けましょう。
「今の未来の自分に1ミリでも近づくために、
 向かい側の過去の自分に今すぐできるほんの小さな事は何か?」
 を自問し、目の前の過去の自分に伝えてみましょう

⇒例:「迷っていたあの講習に行ってみたら?」''とか
   「しばらく連絡していなかった親友のAさんに連絡してみたら?」
   等々。


(3)その感覚を保ったまま過去の自分の席に戻り、
 眼の前の未来の自分のアドバイスを聴きましょう。
 そしてそのアドバイスが受け容れられたら、早速実行してみましょう。


※注1:「未来の自分の席・場所」を決めておいて、できれば毎日
   「E」「F」の手順で未来の自分に成りきってみましょう。

※注2:新たに質問する場合は、「過去の自分の席」で質問し、
   「未来の自分の席」で答えてあげます。

※注3:万が一「未来の自分」でも答えが出ない時には、
   「その問題を乗り切った更に未来の自分」の席をもう一つ用意して、
    その席に座って、その自分に成りきって答えてあげましょう。

(※お一人では難しい場合はご相談下さい)



コメント


認証コード(6066)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional