Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2023-02-17

Top / コラム / 2023-02-17

”問題や症状”から離れ、ポジティブな未来を創造してゆく

<前回からの続き>

前回までにお書きした事をヒントにして、

今度は(”問題や症状”から離れた)ポジティブな未来を創造してゆきましょう。


但しここで注意が必要なのは、

過去のトラウマや心の傷が解消され、
過去のネガティブな情報がポジティブな情報に書き換わっている事

そして、今現在、”新たな集中先”に向けて集中する時間を取り、
それに向けて行動を起こしているという事が前提条件になると思います。
(つまり、今迄お書きした事をクリアされている事)


何故なら、
人間は「過去がこうで、今がこうだから、きっと未来はこうなるだろう」
といった予測によって、心を安定させるといった脳の機能を有しているから
だと考えられるからです。


だとすれば、

過去のトラウマが解消されず、
過去と現在のネガティブな情報に圧倒されているのに、
「プラス思考になりましょう!」
「幸せな未来を思い浮かべましょう」
等と言われても無理があると思います。




<”問題や症状”から離れ、ポジティブな未来を創造してゆく>

⑥ポジティブな未来へ集中してゆく

(1)ポジティブな未来を想像する


独りになれる時間を確保し、
以前書き出した過去のポジティブな情報を読み返し、
その感覚を五感で味わってみましょう。


例えば、
カフェで相談に乗ってあげて、
「助かった!こんな相談ができるのは由美しかいない・・・有難う」
と言ってくれた時の親友の声、表情や周りの景色、温度や空気感、
コーヒーの香や味、座っている椅子や床の感じ、胸にこみあげてくるもの
や涙があふれそうな感覚」等を

今、その場に居てそれが今起こっているかの様に感じてみましょう。


次に
今、”新たな集中先”に取り組んでいる時に感じている事も
同様に五感で感じてみます。

そして、
「今取り組んでいる事を続けて、幸せになったとすれば、
 どんな未来になるだろうか?」
自問します。

そしてそうなった未来の自分の或る日の一日の自分を密着取材したビデオ
(情熱大陸の様に)を観るかの様に、思い浮かべましょう。

更に、
その「或る日の自分の一日密着ビデオ」をイメージで見終わったら、
それをストーリーで書き出してみましょう。


例えば、
「朝7時に起きて、お気に入りの家具をそろえた部屋を見まわしている。
 隣に居る優しい旦那さんは今日は休みでまだ寝息を立てている・・・。
 旦那を起こさない様に気を付けながら、パンを焼いてコーヒーを淹れている。

 少し顔がほころんでいる。お気に入りの服を着たり用意をして、
 電車に乗って山へ向かっている。
 自然豊かで誰も居ない山は晴れ渡っていて、綺麗な花々が咲き乱れてい る
 ・・・。そこでスケッチをして・・・」
等々。

(2)ポジティブな未来へ集中する

上の「(1)」に従って、
ポジティブな未来をイメージし、それを書き出す事ができれば、
今度はそこへ集中してみましょう。


ここで大切な事は
「自分がその(未来の)場に居て、今それを行っている」と想像して、
その時の自分に成りきって、その感覚をしっかりと五感で感じる事
だと思います。


何故なら、
意識(大脳皮質)は(過去・現在・未来といった)「時制」を持っている
と考えられるので、
いくらポジティブな未来を想像しても、
「今がこんななのに、そんな未来なんて本当に来るのか?」
と拒否してしまう事もあるでしょう。

ところが、
無意識(大脳辺縁系)は「時制」を持たないと考えられますので、
未来に起きている事なのか、今起きている事なのか?を判別できないので、
イメージと五感を使って無意識に落とし込み、
それが「今起きている事」として認識してくれれば、
その実現に向けて働き始めると考えられます。

つまり、
「いかに意識の”門番”を通り抜けて、無意識にアプローチできるか」
が鍵で、
その為にはイメージと五感をフル活用する必要があると思います。

(引き寄せの法則等でうまく行かない場合は、この辺りが原因である
 と私は考えます)




以上、”問題や症状”から脱出し、ポジティブな未来を創造してゆくヒント
をお書きして来ましたが、お独りでは難しい場合はお気軽のお問合せ下さい



コメント


認証コード(2777)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional