Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2023-07-21

Top / コラム / 2023-07-21

インナーチャイルドを癒すには?(4)

<前回からの続き>




<インナーチルドレンを癒すヒント(4)>

④無意識(チルドレン)が求めている援助を同定し、意識(親)がケアする

(前回の「彼氏にLINEを送ったのに、いつまで経っても返信が来ず、
イライラが襲ってきた女性」の例の続き)


以下、”親のSP””子のSP”との対話の続き

「私はあなたのその寂しさ・辛さを和らげる為に、
  何でもしてあげたいんだけど、どうして欲しい?」


「ハグして!」


「わかった!」
(と、みぞおちの辺りにその子を感じながら、
 そこに両手を当ててイメージの中でハグしてあげる)

(ところが、その子が落ち着いたと思ったら別の子が意識に上がってきた)


「私、怖い!今までも一杯一杯同じ事が起きて、沢山の人に
  見捨てられてきた・・・きっとあの人も私の事見捨てるんだわ!」


「あなたは・・・”怖がりちゃん”だよね!出てきてくれて有難う!」

(この子はどの辺りに居るのかな?・・・お腹の下の方かな?
 と今度はお腹の下に手を当てる)

(何歳くらいかな?・・・さっきの子よりも、もっと幼い)


「怖がりちゃん、あの人に見捨てられるとどうなる事が心配なの?」


「もう私の事をかまってくれる人が一人も居なくなる」


「そうなったら、あなたはどんな気持ちになっちゃうの?」


「独りぼっちになって孤独に襲われちゃう!」


「そっか、あなたが二度とそんな気持ちにならない為に、
  私はどうしてあげればいい?」


「ずっと傍に居て!」


(お腹の下のその子に手を当て続け、イメージでピタッと寄り添いながら)

「私はどこにも行かない。ずっとあなたの傍に居続けるよ!
  そして片時もあなたの存在を忘れない様にするから」


(もしそういった約束をしたのであれば、
  それからは、毎日朝・昼・晩お腹の下に手を当てながら。
  その子と対話してあげる、)

等々。

※お独りでは難しい場合は、お気軽にお問合せ下さい



コメント


認証コード(0424)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional