Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2023-08-18

Top / コラム / 2023-08-18

パーソナリティ(人格)障害の10種類

<前回からの続き>

米国精神医学会による診断マニュアル(DSM-5)では
パーソナリティ障害は以下の10種類に分類されています。

◎A群(奇妙または風変わりな様子が特徴的)

①妄想性パーソナリティ障害
 :不信と猜疑心


②シゾイドパーソナリティ障害
 :他者に対する無関心


③統合失調型パーソナリティ障害
 :奇妙または風変わりな思考と行動




◎B群(演技的、感情的、または移り気な様子が特徴的)

④反社会性パーソナリティ障害
 :社会的無責任、他人の軽視、欺瞞、自分の利益を得るための他人の操作


⑤境界性パーソナリティ障害
 :一人でいることに関する問題(見捨てられる恐れによる)、
  感情や衝動的行動をコントロールすることの問題


⑥演技性パーソナリティ障害
 :人の注意を引きたい欲求と劇的な行動


⑦自己愛性パーソナリティ障害
 :もろい自尊心、賞賛される必要性、
  および自分の価値についての過大評価(誇大性と呼ばれる)




◎C群(不安や恐れを抱いている様子が特徴的)

⑧回避性パーソナリティ障害
 :拒絶される恐れによる対人接触の回避


⑨依存性パーソナリティ障害
 :服従と依存(世話をしてもらう必要性による)


➉強迫性パーソナリティ障害
 :完全主義、柔軟性のなさ、頑固さ




次回から①~➉の10種類のパーソナリティ障害
私なりに考える原因と寛解に向けてのヒント
を一つ一つお書きしてゆきたいと思います。

<次回へ続く>



コメント


認証コード(7197)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional