Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2023-12-01

Top / コラム / 2023-12-01

仕事が続かない人へ③性格傾向(6)協調性の無い人の解決策

<前回からの続き>

今回は前回お書きした様な、

(6)協調性の無さによって仕事が続かない方
に向けて私が考えるその解決策をお書きしたいと思います。




<③性格傾向(6)協調性の無さによって
  仕事が続かない人の解決策>

(1)オキシトシン受容体等の不具合(先天的)がある方

先天的にオキシトシン受容体等の不具合がある場合は、
まずは「自分に合った環境を見つける事」が優先されると思います。


ですから、
転職をネガティブに捉えるのではなく、
「自分に合った職場が見つかるまで探し続ける」
という考え方をした方が良いと思われます。


その為には、
例えば面接の時に「社員同士の交流」や「チームワーク」
等を訊いてみて、

「自分に合いそうな環境か否か?」をある程度判断し、
入ってみて合わない環境であれば「次を探そう」と切り替える事
も大切だと思います。


或いは、
(希望では無いとしても)なるべく他人と関わらなくて済む職場や
フリーランスや自分で起業する事も考えてもいいかも知れません。


また自分側でできる努力としては、

「ペットを飼って触れ合う」

「誰か独りだけでも関心がある人(恋人・配偶者・親・友人等)と、
一緒に居る時間や電話やLLINEの頻度を増やす」

「”推し”のアイドルやアーティストを作る」

等によって、
脳内のオキシトシンの血中濃度を増やし、オキシトシンの問題を軽減する
事が期待できるのでは?と思います。




(2)感覚過敏から来る圧倒⇒回避の傾向がある方

五感から入って来る刺激の軽減の為に、

(上司が許可してくれれば)ノイズキャンセリングサングラスを使用したり、

刺激が少ないと感じる席や部署への移動・異動

刺激過多から逃れる為の時間・空間の確保(例えば、理由を作っておいて
トイレに頻繁に行く、等)も役に立つでしょう。


その上で、
周囲の人を観察し、興味を持てた人と徐々に距離を近づけてゆく
等が役に立つと思います。




(3)感覚過敏+トラウマ⇒回避の傾向がある方

上記「(2)」と併せて、
トラウマのケアが必要になってくると思いますが、
トラウマのケアについては、以前お書きしましたので、
ここでは割愛致します。




次回からは

「学校(へ行くの)が続かない人」に向けて、
「何故学校が続かないのか?」といったその主だった原因をパターン化し、

「どうすれば学校を続ける事ができるのか?」
といった私が考える解決策を今迄の知識と臨床経験を基にして
お書きしてゆきたいと思います。

<次回へ続く>



コメント


認証コード(3871)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional