Google+ で検索

カウンセリング 大阪府大阪市 心理療法  返金保証 超短期  コーチング

コラム/2024-02-12

Top / コラム / 2024-02-12

恋愛/結婚がうまくいかない②愛着の問題の解決のヒント(2)

<前回からの続き> 

前回お書きした手順に従って、

今の(或いは今迄の)パートナーを自分が幼い頃の誰(親等)
無意識にダブらせてしまっている(転移)のか?がわかれば、

その転移を意識的に解除してゆきましょう。




<愛着の問題(特に転移)の解決のヒント>




②転移を解除してゆく




(1)無意識に存在する幼い頃の自分に気づく

パートナーを幼い頃の親等と思い込んでしまい、

満たされなかった思いを満たしてもらおうとしたり、
その為に作った信念を曲げる事ができなかったり、
満たされなかった時の強い感情を感じているのは、

今のあなた”ではなく、無意識の中に存在する”幼い頃のあなたです。


ですから、
パートナーに対して自動的に出て来る思考や要求、強い感情等は、
「”幼い頃の私”から出て来ているんだ」と意識しましょう。




(2)無意識と意識を区別する


意識(前頭前野)が無意識(大脳辺縁系)に支配されてしまうと、
「今の自分=幼い頃の自分」となってしまい、

無意識から湧き出て来る思考や感情、衝動に巻き込まれてしまい、
制御不能になってしまいます。

ですから、
意識が無意識に呑み込まれない様に、
意識と無意識を区別し、常に無意識を俯瞰で見続ける必要があります。


その為の第一歩として、
無意識の中の自分にもアイデンティティを与える
即ち名前を付けてあげましょう


例:「お姉ちゃん」」「小さなミカちゃん」「ヒロ君」等。




(3)”無意識の中の自分”が出て来た時に(意識的に)気づく


例えば、
パートナーと一緒に居る時に、強い怒りを感じたり、
離れている時に強い寂しさが出て来たりする事があるとします。

そういった”自動的に出て来る思考や感情、衝動”等を感じた瞬間に
それは無意識の中の自分が出て来たんだと気づきましょう。


例:「(彼がLINEの返信をくれない時に私の事なんてどうでもいいんだ
   と思って、強い寂しさや絶望感が出て来た時に)

   あ!今、幼いチエちゃんが出て来た!」等々。




(4)”無意識の中の自分”の転移を(意識が)解除してあげる


上の「(3)」の要領で、無意識の中の自分の”出現”に気づいたら、
その子”に今の現実を知らせてあげましょう。


例「(幼い時の自分を胸の中に抱いてるとイメージして)
 
  この人(パートナー)はお母さんじゃないよ!
  ほら、顔をよく見てごらん。違うでしょ?
  背の高さや体形も違うし、声や話し方も違うよね!

  だから、この人はお母さんじゃないの。お母さんじゃないのよ。

  何故かって言うと、私はもう大人になったの。
  あなたは私がいくつになったと思う?・・・・28歳になったのよ!

  だから今はお母さんから離れていても平気だし、
  この人は私の彼氏なの。

  お母さんと違って優しいし、私の事を大切にしてくれるのよ。
  だからこの人はお母さんじゃない。お母さんじゃないのよ。

  だからあなたを傷つけたりしないよ。」等々。

無意識の中の幼い自分が出て来る度に”その子”に気づき、
 何度も何度も言い聞かせてあげましょう




次回は、

この続きである「③幼い頃の自分(インナーチャイルド)をケアする」方法
についてお書きしたいと思います。


<次回へ続く>



コメント


認証コード(3174)

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional